郡山氏、今井氏が会見

イラクにて人質となり、8日後に無事解放された3人のうち、郡山氏と今井氏が今日会見を開きました。高遠氏は体調不良のため欠席しておりましたが、解放されてから初の会見と言うことで、その発言には興味がありました。
ニュースで見ただけなのですが、感想としては「この人達は被害者だな」と思いました。
イラクと言う危険地帯にて人質として拘束され、無事解放されたと思ったら日本ではバッシングにあう。
彼らに対して日本で投げかけられた言葉は「自己責任」でした。でも、彼らは「責任」を果たしていないんでしょうか?
そもそも、「自己責任」って言うのはどこまでを指すんでしょう?
私も初めは「彼らが自分達で危険を承知で行ったのに、どうして家族の人達は政府を批判なんかしてるんだ?自衛隊派遣が今回の事件の引き金だって言うなら、それを予見していたなら、停めるのはあなたたちの責任だろう。」と思っていたんですが、ちょっと最近では考え方が変わりつつあります。
彼らはイラクで遊んでいたわけではありません。ジャーナリストとして現地の様子を取材したり、劣化ウラン弾の悲惨さを訴えるために調査をしたり、難民となってしまった子供達の世話をしたり…。 誰かが現地に行って行わなければならないことを、率先して行っていたんではないでしょうか…? そう考えると、ただただ「お前たちが拘束されたのは自己責任だ!!!」という議論は、ちょっと一方的過ぎはしないかな、と思います。
「誰かがやってくれるだろう」「危ないし、わざわざ俺たちが行く必要なんて無いよ」
そういった態度を取ることが多い我々の中で、率先して現地で頑張っている人がなかなか行動を起こせない私達から批判を受けるって言うのは、ちょっと悲しいです。
彼らにも非はあったと思う。でも、もっともっと彼らの頑張りを認めてあげてもいいんじゃないかな。最近はメディアも大分自己責任論を取り上げなくなってきましたし。
自己責任を強く前面に打ち出した政府高官のみなさん、
自分の自己責任は果たしてるんですか?
都合のいいときだけ理論を振りかざして、都合が悪くなるとコソコソと逃げる。
それではテロリストと大して変わりませんよ?
やや最後は論点がずれてしまいましたが、まだまだ解決しそうに無いイラク情勢。自衛隊の安全なども気になります。ニュースから目が離せないですね…。

広告

携帯mp3プレーヤを使ってみて

実にいい感じです。通学のときなどは付属していたネックストラップをつけて首から下げているんですが、重さは気になりません。電池の持ち具合ですが、単4のアルカリ乾電池1本で大体1日に1時間弱使うペースで買ってから(4/17)今日までまだぎりぎり頑張ってくれてます。
今日で買ってから12日ですので、仕様書に書いてあった14時間と言う時間とほぼ一致しますね。NetMDなどのポータブルプレーヤーがどの程度持つのかを知らないので、比較とかをすることは出来ませんが、持ち具合は十分だと思いました。他のプレーヤで、内蔵されたバッテリーをUSBから充電して使うタイプもあったんですが、バッテリーがバカになってしまうと使えなくなるかと思って、外付けにはなるけど電池形式を選びました。電池だと切れたときにどこでも買えますしね。
また、USBのフラッシュメモリの機能も兼ね備えているのが便利な点ですね。私の買ったのは256MBですが、これだけあると結構なサイズのファイルも持ち運べるので便利です。私は大学のレポートを持ち運んで使ってます。とはいってもKB単位なので負担にもならないですがw
さらに、mp3のID3タグにも対応しているのですが、その文字コードが何とUTF-8らしいのです! だからどーしたと言われそうですが、私はFedora Coreユーザーなので、使っている文字コードがUTF-8なんですよ。おまけに音楽CDをリッピングするのもLinuxなので当然ID3タグもUTF-8形式。わざわざ文字コードを変更しなくてもそのままファイルを転送したらいいだけなのです(多分)。
Windowsだと文字コードはShift-JISですが、同梱されているCDに転送ソフトが入っており、それで自動的に文字コードを変更してくれるので心配いりません。
このような仕様になっているのはこのプレーヤーが多言語に対応しているからだと思われます。プレーヤーのメニュー表示などの言語設定も日本語、英語の他複数の国を選択できます。そのため、文字コードをUTF-8で設定しているのでしょう。
買うまではこういった仕様については気付いていなかったんですが、思わぬ幸運でしたw
特別なソフトのいらないmp3プレーヤー。興味のある方は、検討してみてはいかがですか?

年金未納の政治家

福田官房長官、竹中経済相、そしてあの民主党の管代表を含め閣僚では7人が未納の時期があったようですね。
もちろん、同情の余地はありません。手本となるべき国会議員がきちんと納められていない。
「江角さんを国会に呼んでからでないと…」
なんてのたまったのは民主党の管代表でしたか。当然、そのときには「自分はどうだったんだろう?」という疑念は沸いたことでしょう。江角さんは、未納であったことを認め、記者会見をして陳謝しました。そのとき、江角さんは勘違いであると述べたにも関わらず管代表は国会に参考人招致を求めました(どこまで本気だったかは分かりませんが)。
さて、管代表はどんな釈明をするんでしょうか?
当然、参考人招致されても文句は言えないですよね?
人の振り見て我が振り直せ、とはよく言ったものですが、あまりにモラルが低すぎると思います。これでは全国会議員のデータを公表するとどうなるんでしょうね。
年金問題の一端を垣間見た気がします…。

井戸端会議

blogっていろんな人とコミュニケーションを取れるのが魅力ですよね。
私もblogを開設してからここにコメントを下さる様々な人とコミュニケーションを楽しんでいます。
でも、自分のblogや他の人のblogを見ていて思ったんです。
ある投稿に対してコメントを下さる人が居たとすると、そのコメントに対して別の人がコメントを出す、ということが結構少ないような気がしました。ある投稿に対してコメントをもらえると、そのコメントに対して返事をするのは管理人の役目で、他の人はまた他のコメントを出す、というのが暗黙のルールになっているんでしょうか?
私は、いろんな人と同じ話題でワイワイ盛り上がりたいなと思う人なので、他の人のコメントに関してコメントを出してみたり、引用してみたりしてるんですが、人によってはそんなことされたくないって言う人も居るかも知れないし、ちょっとおっかなびっくりやってるって感じです。
うーん、井戸端会議みたいにワイワイとやるのはあんまりblogのスタイルでは無いのかなぁ?

服に掛けるお金

実は私、服に掛けるお金が極端に少なかったりします(笑)
もともとブランド物にあまり興味が無い上に、好きなものが「安くて質のいいもの」なんです。だったら、みんな同じだって?いえ、安さと質のどちらを重視するかと言われたら、私は「安さ」を比較的重視します(爆)
昨日も半袖のT-シャツを買いました。1着\390で2着購入。それでも\1000いかないんですよね。デザインはそんなに悪くないかと。
ただ、安物には安いなりの理由があって、大抵は縫目が粗いです。と言うことで、ここがポイント!!!
安い服飾製品を買うなら、まずは縫目をチェックしろ!!!
縫目がしっかりしていて安いのであれば、それは買いだと思います。あと、あまりに安いカッターシャツなどは止めた方がいいですね。縫目と同じく、ボタンの留め方が粗いです。
服の縫目が粗くても、出てくるのは糸のさきっちょがひょろっと出てくるくらいなので、まぁこまめに切っておくとそんなに問題にはならないのですが(洗濯の度に出てきたりする(苦笑))、ボタンは取れてしまうと大変厄介です。ということで、ボタンのついた服は安すぎるものは注意してください。
私が服を買うときに気を付けているのはこれくらいです。特に縫目は服の裏側までで切るだけチェックします(イヤな客)
他にも「こんなとこチェックした方がいいよ!!!」というものがあれば、コメント下さい。待ってます〜。

PCレスキュー

今日は夜に近所の方からPCの調子が悪いと言うことで見て欲しいと言われまして、見に行ってきました。
そのPCを使っているのは中学2年生の男の子で、調べ物をしたいのだけれども何かPCがおかしいってことでヘルプを出したみたいでした。
とりあえずその子に事情を聞いてみる。実は以前にもMSBlasterが出たときに見事に引っかかっちゃってて(苦笑)ヘルプしたことがあったので、今度は何だろうと思ったら
「なんかウイルス定義ファイルをどーのこーのって出た後、なんかわしゃわしゃわしゃ〜っと出てくるんです」
とのこと。てっきりウイルスソフトの期限切れで出てくる催促かと思ってたんですが、実際にはなんとウイルス!!!しかも「msblaster.exe」(爆)以前ここでヘルプしたときに修正したつもりだったんですが、どうやら修正できてなかったらしく、見事に引っかかっちゃいました。
つーことで、ちゃっちゃとmsblaster.exeファイルを削除し、XPについてるファイアウォールを起動する。ついでに、今の更新状況を尋ねてみると
「え?アップデートって何?」(爆)
うーん、やっぱしょうがないっすよね。中学生にんなことを求めたって酷です。ここの家庭では御両親も使わないらしいので、さっぱりそういうことを知らないんですよね。
と言うわけで、せっかくなのでやっておいて上げようと思ったのが運の尽き。ここからが大変でした…。
まず、一度も更新してないとのことだったので、SP1から当てることに。しかし、これがまた時間が掛かった掛かった。PCそのものは1.1GHzとそんなにへたれでもないPCなのに、これを当てるだけで1時間弱くらい掛かった。M$さん、パッチ重すぎっすよ(泣)
なんとかパッチを当て終わり、再起動してみてびっくり!!! なんと、サウンドカードを認識しない(爆) パッチを当てた直後だったので、これは間違いなくSP1との相性が悪いのだと直感。さっそくこのPCのメーカーのHPに行って調べてみると案の定ありました。
「SP1を適用するとサウンドカードを認識できない」
さっそくそのパッチもダウンロードしてきて実行し、無事サウンドも復活。各種Windowsの更新も済ませて無事帰宅。帰宅するまでにかれこれ2時間弱掛かってしまった。
最近では小学生から既に情報の授業をやってるみたいですね。でも、そこではもっぱら基礎の基礎とかWordの簡単な使いかたしか教えてくれないみたいですね。
そんなことよりも、ウイルスについてとかの方を教えて上げて欲しいと思いました。
もちろん、ウイルスにも種々様々ありますし、アップデートについても簡単ではないです。でも、知ってるか知らないかでは対応能力は変わって来ると思うんですよね。
情報化社会で、PCスキルは必須。ウイルスに対しては予防が大事。予防方法も教えて上げて欲しいな。

IQサプリ!!!

今日は楽しませて頂きました♪
IQサプリって言う番組(タイトルあってたかな?)がフジテレビ系列でやっておりまして、今日はそれを見て頭を使っておりました。
この番組、さまざまなクイズによって頭を使う番組で、クイズの内容ははっきり言って「子供の屁理屈」(爆)
でも、だからこそ楽しめるんですよ〜。たくさん正解した方がいいと言うよりも、たくさん頭を使いましょうって言うスタンスが好きですね。
それと、この番組では回答者がそのクイズの答えに「スッキリ」するか「モヤっと」するかをおおっぴらに言っちゃうところが斬新でしたねぇ。
こういうクイズ番組を見てると、なんともこじつけたような答えだと「モヤっと」するじゃないですか。さらに出演者が「おぉ〜」とか「へぇ〜」なんて言ってたりすると「こんなもん屁理屈やないか!!!」とちょっと興ざめするんですけど、出演者も一緒になって「スッキリ」したり「モヤっと」するとなんとなく身近に感じられて良かったです。
ま、解けなかったら「モヤっと」して、解けたら「スッキリ」するっていうのは、どの番組でも同じなんですけどね(爆)