「根本の知識」

イラクでの人質事件
こちらにコメントを下さったblack_wordさんの言葉です。
でも、「根本の知識」って、いったいどういうものなんだろう?とふと思ってしまったんです。
「根本の知識」に近い言葉で言うと、「常識」っていうのがありますよね(ひょっとして同じ意味かな)。 これだって、非常に曖昧なものですよね。私自身がしばしば体験するんですが、私に取って「常識」であることが、友人に取っては「常識」ではない、といったことです。
人間十人十色、千差万別と言うように個人々々で考えや知識が異なっているのは当然でしょう。
ましてや現代、情報化社会と言われるだけあって巷には種々様々な情報が飛び交っています。こんななか、共通の知識を共有することなんて、全員には無理なんじゃないでしょうか?
我々が情報を得るのは専らメディアが多い。しかし、そのメディアもなかなか全ての意見を反映して情報を発信できるわけでもない。つまり、様々な情報が発信される中、それを取捨選択する「眼」が必要なんだと思うんです。
それには、色んな人々との「会話」っていうものが必要なんじゃないでしょうか?
私は今二十代前半の大学生ですが、たった二十数年間の年月でも、やっぱり昔とは考え方が変わったな、と思うことが多々あります。
特に、バイトを始めた大学入学後は、高校時代までに比べて格段にものの考え方が変わったと自覚しています。バイトをすることで年の離れた人と触れ合い、時には意見をぶつけ合うこともありました。それにより、様々な人の意見を聞くことが出来ました。それは私にとって非常に貴重な財産となっています。
また、この「blog」でもコメントを下さる方々を始め様々な考えを持った方々と触れ合うことが出来ました。
実際に会って話すことも、こうやってテキストでの意見の交換も、どちらも私にとっては貴重な財産です。
こういう場が、今は必要なのではないでしょうか?
もちろん、こういう場での対話は各自に「話を聞く態度」が必要であり、「相手から何かを吸収しようとする心がけ」が必要になるとは思いますが。
ただ、個人的には、インターネットよりも会って話す機会を重んじて欲しいです。
とりとめなくかきたいこと by atuko-kさんの
メール<電話
で書かれておりますように、やはり実際に「声」を発することが大事なのだと思います(ここでの話題と上のリンクはかなり違っているのですが、紹介させて頂きました)。
もちろん、こういうblogなどでの触れ合いも非常に有益だと思います。
ただ、ネット社会全体で言うと、必ずしも有益とは言えないとは云わずもがなですよね。特にネット上では匿名性が高く、それゆえに凶暴性が増してしまう懸念もあるのです。
こう書くとネットを批判している立場になってしまいそうなのですが、こういった場でこそ、「根本の知識」が必要になって来るのではないでしょうか?
血の通った会話を、これからももっと交わして行きたいです。
もちろん、これを読んで下さっている、あなたとも。

Kinput2とGTK2との相性

LinuxのウインドウマネージャとしてKDEと双璧を担うGnome。
RedHatはバージョン8の時、Gnomeのバージョンを2に更新しました。
これにともない、GTKのライブラリもGTK2に更新されました。
しかーし!!! このGTK2と、日本語入力ツールであるKinput2が実はとっても相性が悪いんです!!!
Kinput2はLinuxで日本語を入力するためにはほぼ必須のツールなんですが、Gnome系のアプリケーションを使っていると日本語の変換時、変換ソフトが落っこちてしまうんです。
これ、最初にこの症状に見まわれたときは意味不明だったんですよ。
しばらくしてからGoogleで検索してみると、どうやら相性が悪いと言うことが分かり、対処法としては最新版のKinput2にアップグレードすること、とあったのでその通り最新版にアップグレードしたところ、無事症状は収まりました(後に設定ファイルに少し追記するだけで対処できる方法も見付けました)。
そしてそれはRedHat9になっても残ってたんですよね、バグが。
しかし、私は既にそれの対処法を知っていたので、家で使うときには何も困りませんでした。
…しかーし!!!
この度大学のPCが一新されてRedHatが投入されたんですが、そいつのバージョンはおそらくRedHat9!
見事にバグが再現したわけです(泣) 完璧にそのバグなんて忘れて使ってたので、ちょっとショックでした。
でも、もう対処法は知っていますから、ちゃっちゃとこんな環境を打破しようと思ったそのとき!!! はたと気付いてしまったんです。ここは大学。当然、私に与えられる権限は一般ユーザ権限。
Kinput2をアップグレードできるわけもなければ設定ファイルを書き換えることも出来ない
がー!!! 困った。これではLinuxOSと言うのはとっても不安定なOSだって勘違いされてしまうよぅ!!!
RedHatはデフォルトではGnomeでログインするしなぁ。 私はKDE大好き人間なのでGnome系アプリはほとんど使わないのでダメージ少ないですけど、Linuxなんて家では使ってないよって言う人は標準でログインするでしょうから、いきなり日本語入力が出来なくなったらショックでしょうしねぇ。
うーん、今回大学のPCを一新した人はRedHatの現状をあまり知らない人だったのかな? 近いうちに教授に話をしてみよう…。

勉強になります

Emacs文字コード自動認識が失敗
>xiaoxiaさん
.emacsにオリジナルのコマンドを用意ですか、すごいですねぇ…(感嘆
C-x RET f utf-8 がちょっとずれたコマンドだったことは盲点でした(爆)
わざわざ.emacsに追記する記述まで教えて頂き、大変ありがとうございます。
.emacsには野鳥をインストールしたときにインストール方法を紹介しているサイトに書いてあることをそのまま書き込むために開いたことはありましたが、ほとんど内容なんて分からなかったんですよ(苦笑)
今回の.emacsへの記述はなんとなーく分かった気がします。
(defun find-file-utf8 () ←ここで今から作るコマンドを宣言
 (interactive) ←これがちょっと分からない…、手動で実行するコマンドってコト?
 (let ((coding-system-for-read ‘utf-8-unix) ←読み込み時の設定
     (coding-system-for-write ‘utf-8-unix)) ←書き込み時の設定
  (call-interactively ‘find-file))) ←呼び出して来るコマンド
(global-set-key “\C-xa8” ‘find-file-utf8) ←このコマンドを呼び出すためのキー設定
大体こんな感じであってるでしょうか?(汗
この記述を用意するとともに、今度から移植性を高めるためにファイルの先頭にエンコーディング情報も埋め込む癖を付けておきたいと思います。
今回は大変勉強になりました、重ね重ねではありますが、お礼を言わせてください。
ありがとうございました!

ファンタのCM

現在は確か黒ひげ先生だったかな?
あのCM、面白いですよね〜、あの微妙に昔のスクールドラマチックな雰囲気を醸し出しつつ、先生逹による型破りな授業にクールな生徒のコメント。絶妙です(笑)
個人的に好きなのは「昼メロ先生」(だっけか?)と「DJ先生」ですね。
「この泥棒猫…!!!」
「お母様!!!」
「授業しろよ…」
「さてさてっ、次の問題はぁ〜♪ やまやま山下さん♪♪」
「3xです」
「チャカチャカッチャカチャ♪ 違います。」
「傷つくわぁ…」
あの最後の生徒の脱力感が大好きです♪
あぁ、あの学園の職員室とかってどうなってるんだろう…。
全先生が集結している様を想像するだけで楽しくなっちゃう♪
つぎの先生が楽しみだ〜(笑)

Emacsの文字コード変換って

確か、読み込むファイルの文字コードを自動的に認識してそれに応じたエンコーディングをしてくれるんじゃなかったっけ…?
家ではFedora Coreを使っているので文字コードは基本的にはUTF-8。大学のPCはRedHatを使っているので文字コードはEUC-JP。
専ら家でレポートを書いたりプログラムを組んだりするので出来たら文字コードはUTF-8で統一したいなと思い、家からテキストファイルを持ち出して大学のRHのEmacsで読み込む。
そうすると、日本語が激しく文字化け。
しかたないので、強制的にEmacsの文字コードを変換してファイルを開く。
激しく文字化け。
うーん、やっぱりnkfやlvコマンドを使ってファイルの文字コードそのものを変換するしか無いのか!!!???
あんまりスマートじゃないよなぁ…。
誰か何か知ってたら教えてください、お願いします。

イラクでの人質事件

このニュースを見ながら、ゲームや小説などにある1コマを思い出してしまった。
───あるとき、主人公は何者かに拉致される。
しかし、そこでの応対は実に紳士的で、むしろ情愛すら感じる。
彼らは元々攻められている国の人々で、自分達の身の安全のために、人質を取ると言う形で相手に撤退してもらおうとしている。
よって、相手を傷つけるつもりなんて更々無い。むしろ、罪の意識で心苦しいくらいだ。
そうして主人公が彼らと生活をともにしてしばらく経った頃、主人公を助けようと主人公を拉致した人々を責めたてようとする人々が現れる。
そして、圧倒的多数と武力によって拉致した人々を制圧し、主人公は保護される。
主人公の必至の訴えも虚しく、遺恨の下に争いは深まって行く…───
こういった場面、どこかで聞いたことは無いでしょうか。
ゲームや小説の世界だけだと思っていたことが、現実に起きたのだなと思いました。
「イラク人のことを、嫌いになれない」
高遠さんの言った言葉です。また別に拉致された2人の邦人の方も、同じようにイラク人の応対は実に好意的だったと答えています。
日本と言う国は、北朝鮮のように言論統制が敷かれているわけではありません。
ましてジャーナリストの方の言う言葉です。100%は信用していいか分かりませんが、信憑性は高いのではないでしょうか?
そうなると、拉致を行った集団はほんとうに責められるべき対象なのかどうか、と言うのがとても判断しにくくなります。アメリカが戦争を仕掛けなければそこまで治安が悪化していたとも思えないからです。
一方から物事を見るのは危険です。今回の問題などは特に多面的に見るべきなのかも知れません…。

あ、暑い!!!

今日のこの気温は何なんだろう!?
まだ4月だと言うのに、半袖でも暑いのではないかと言うこの気候。ドライブのときも窓から差し込む光が熱い熱い!!!
明日はこれにさらに雨が降ると言うことで、不快指数UP!
あぁ、夏はもうすぐ目の前に…!?