帰って来た

なっちゃんのCMで、初代なっちゃんこと田中麗奈さんが登場していましたね。
人各々だとは思いますが、私は「なっちゃん」と言えば「田中麗奈」って感じでしたので、この復活CMは結構嬉しかったり(笑)
とは言え、考えてみれば始めのCMと比べると田中麗奈さんも大人びましたねぇ。最初は垢抜けない感じだったのに(自分も人のこと言えないw)
田中麗奈さんと言えば第一生命(だっけかな?)の「堂々人生」の「第一でナイト」も個人的にはツボでした(笑) 今は演者が変わってしまっていますが、なんとなく、あれは田中麗奈さんがハマリ役だったなぁと思います。
まぁ、平たく言うと田中麗奈さんが好きなんですけどね(笑) 樹木希林さんとの親子を演じている味噌汁のCMとか、ほのぼのしてて好きですね。
2代目なっちゃん、最近あまり見かけないけれど…、だいじょうぶかしら?(苦笑)

独自性か、冗長性か

私もそろそろ就職に付いて考えることも少なくないのですが、ふと感じたことがあります。
私たちリクルーターはどうしても自分が他の人たちと違うところをアピールして行くことが多いと思うのですが、果たして会社の経営者はどういった社員を望んでいるのでしょう?
私は情報工学と言う分野を学んでいます。そこで出てくるのが、「システムの冗長性」です。平たく言えば、もしもに備えてバックアップなりサブのシステムを構築しておくことが重要ですよ、ということです。メインがダウンしても大体のシステムが稼動できる状態を「冗長性がある」と言います。
システムを会社になぞらえると、社員はシステムの導線であったりチップであったりドライブであったりするわけです。会社としては、他社と差を付けるためにオリジナルの「パーツ」となる社員が必要となる。でも、今の時代、その社員がずっと会社に残ってくれるとは限らない。ヘッドハントで他の会社に引き抜かれるかもしれないし、自分でやめて行くかもしれない。あるいは病気で業務に支障が出るかもしれない。そうなると、その社員のバックアップを用意して置かないと、その社員になんらかのトラブルが発生したときに、システムダウンしてしまうかもしれません。
独自なパーツだけで作られたシステムと言うのは他社に差を付けられる一方、冗長性に乏しいわけではないだろうか、そう思ったんです。
逆に冗長性を大きく取れば、それだけ独自性は薄れる。会社の経営者はきっとそのバランスを取って社員を採用するはずではないだろうか、というわけです。
あとは、自分自身の能力を正しく把握しておけば、自分はオリジナルのパーツとなりたいのか、それともバックアップとして会社の役に立てるのかが分かるのではないか、と考えました。
でも、それも難しい話なんですよね。社会に出たことのない小童である自分が、他の人と比べて独自な能力を持っているかを判断するのは難しい。かといって、最初からバックアップとして組み込まれることを考えて会社に入ろうとするのでは、ちょっと向上心に欠けてしまいそう。
やはり、自分しかできない、そういった面を押し出して行きたいですが、普通に生活していて他の人と差が付くかと言われれば「?」ですし、大変悩みどころです。
やはり、就職は自分探しの旅、といったところになるのかもしれないですね・・・。
精進しよ(苦笑)

地震列島・日本

また大きな地震が起きてしまいました・・・。ニュースによると、今回地震の起きた地域は普段ほとんど地震など起きない地域らしいです。ただ、以前見たニュースでは、これ以降大きな地震が起きるとすると、今まで大きな地震の起きたことのほとんど無い、いわゆる「空白域」で起きる可能性が高いらしいです。その空白域として上げられる場所の一つが、東京周辺らしいです。首都圏大地震、やはり起きてしまうんでしょうか・・・。
ところで、地震が起きたとき必ずニュースで取り上げられるのが、ライフラインが機能したのかどうか。今回の福岡県の地震では、やはり固定、携帯電話の回線は規制されたそうです。ある番組のコメンテーターは「回線の容量を増やして欲しいものですよね」と言っていました。えぇ、普通はそう考えますよね。でも、ちょっと考えると、それってかなり難しいってことが分かります。
というのも、回線の容量を増やすと言うことは、普段は使われない無駄な回線が増えると言うことです。だって、普段は回線が混線しているということが起きていないのですから、平常時は足りていることになります。それを、災害などで急激に電話が集中する場合に対して回線がパンクしないようにしろ、と言ったって、災害時だけ回線を増やすことなど出来ないわけです。回線の容量を増やせば、通信会社は普段使われていない回線の維持費を負担しなくてはならない。維持費を負担するためには、そのお金を捻出しなくてはならないため、通信費が高くなってしまうかもしれない。でも、その通信費を高くする理由が「普段は使われていない回線を維持するためだ」と説明されても、反発する人がいるかもしれない。
そうやって考えると、安易に「回線の容量を増やして対応すればよい」とは言えないんですよね。もちろん、地震などの災害が起きた場合、一刻も早く家族の無事を確認したい。しかし、その手段は電話だけでなく、i-modeでは災害特別掲示板を用意しているなど、電話以外の手段で無事を確認することもできます。でも、まだあまりメジャーではありません。ニュースではむしろこういった電話以外の連絡手段を報じてその存在をメジャーにしていくべきではないのでしょうか・・・? たとえ回線の容量を増やしたって、やっぱり救急や消防のために電話の回線は制限すると思うんです。維持費の問題もありますし、容量増大は根本的な解決にはならないと思っています。
これからも地震がどこで起きても不思議はありません。普段からの備えが大事、そう分かっていてもなかなかできないのが現実。せめて、懐中電灯とラジオくらいは、寝床に用意して置くのもいいかもしれませんね。

通勤ラッシュには使えない?

リニモが発車トラブル 愛知万博内覧会に5万3千人

ちょっとだけ遅れてしまったらしいです。どうも、重量検知器が誤作動したとか。人が動いたときに過敏に反応するって、それって通勤ラッシュ時には向かないって事かしら…(苦笑)
リニアモーターカーってそれはもう凄いスピードで動きますし、実用化してくれると大阪東京間が速くなってステキだと思うんですが、中々実用化にまではいたらないようですね、頑張れ、技術者!!!

通話料も定額!?

ウィルコム、月額2900円で音声定額提供
PHSで音声通話も含めた定額サービスを開始するらしいです。月額\2900って、決して高くないですよね…。むしろ安い。Y!Newsに書いてある値段設定を見て驚いたんですが、同端末同士だと通話料無料なんですね!? パケット通信もこれに含まれるということで、メール中心の私でも安さにあやかれる訳ですが…、これ、本気で興味湧いてきました(笑)
これを機に価格破壊とかが起きるのか、それとも一発物で終わってしまうのか…、ちょっと興味が湧いてきました。 これはPHSでの話ですが、ケータイでもこういった波が訪れてくれるといいですね。ナンバーポータビリティもありますし(合ってたっけ?)、客の引き留め、新規開拓戦略が出てくる可能性はありますよね。楽しみ♪

ふっか〜つ!!!

長かった、ほんとに長かった…。
ようやく、インフルエンザとの長き戦いに終止符を打ちます!!!
あぁ、ほんと、健康って素晴らしい(笑)
まだ少し咳が出ますが、それもほぼ収まりつつあります。
心配してくださったみなさん、ようやく回復しました! ご心配をお掛けしました。ありがとうございました。
ようやく元気になったので、これからまた徒然なるままに書き続けていきます。気付けばBlog始めて1年。3日も続くのかしらと思いながらやってきましたが、続くもんです(笑)
もちろん、これからも続けていきます。これからもよろしくお願いします!

大分快方に向かってきました

とはいってもまだまだ完治ではなく、今朝も37度ありました。とはいえ一時は39度まであったんですから、大分下がりましたね。
気分もよくなり、体力も戻りつつあります。このまま順調に回復していってほしいものです。
と、そんなときにこんな記事を見付けました。
7年ぶり最悪水準 インフルエンザ流行拡大
今年は相当はやったみたいですねぇ、しかもB型が(←B型だった)。
インフルエンザなんてかなりひさしぶりにかかったんですが、しんどいですね (T^T)
ただ、小さい頃から寝つきも悪かったのでatuko-kさんのいうようにずっとふとんに張りついてもいられなかったのですが(汗
あ〜、明日には平熱に戻って、回復してくれたらありがたいなぁ♪