• 管理者用

  • Twitter

    • RT @wasaist: “ローランド、無償の音楽制作ソフト、「Zenbeats」をリリース…… iOS/Android/Mac/Windowsに対応 - ICON” htn.to/sVwbDqjPDK 1 day ago
    • RT @okusurinokikime: 「育児中のスマホ」の件ですがね。 蕁麻疹が出た子どもの身体の写メを撮っていたら義理の両親から 「非常識!」 「可哀想!」 「母親失格!」と罵倒されたママもいます。 「蕁麻疹は症状が出た時に写メを」は現在の「常識」になりつつあります。… 1 day ago
    • うーん、metabase、3.3だっけかな? 最新に上げたらmariadbに接続できない… どうもSSL接続前提に変わったっぽい? 非SSL接続の仕方がよく分からないー。 公式BBSとかで同じ話題出てたけど結局解決してないような…… twitter.com/i/web/status/1… 2 days ago
    • RT @neko_levi: VBAのことをRPAって呼ぶだけで単価が数倍になるって話、日本のITの闇を集約してて好き 5 days ago
    • RT @vanihami: スマホアプリを日本でヒットさせた中国人社長がわざわざこのご時世にテレカとそれっぽい寸法の箱とシール作らせてシステム音声付けて、あれは「伝統と格式」なのだと自覚させてくるの文化的にも程がありましょう https://t.co/ztDByVEBcr 5 days ago

Linuxの3Dデスクトップ事情

Linuxの3Dデスクトップ事情は大きく分けて2つ。1つはNovellの開発しているXgl。こちらはXサーバを全面的に書き換えてOpenGLに対応させる手法です。もう1つはFedoraの開発しているAiGLX。こちらはXのプラグインとして動作させる手法です。どちらも目指すところは変わりません(X上でOpenGLの機能を利用してベクトル描画をする)ので、両技術は競合するものでは無く、互いに互換性をある程度保っています。最終的には統合されるのかもしれません。
で、そのXgl、あるいはAiGLXで利用できるデスクトップ環境はCompizのみだったのですが(これをベースにGnomeやKDEを動かすことは出来る)、最近、このCompizプロジェクトからフォークしたBeryl(綴り間違ってないよ?)というプロジェクトがあるらしいということを@ITの記事で知りました。
BerylはCompizと同様XglやAiGLX上で動作し、GnomeやKDEを動作させることが出来ます。が、Compizと違い、機能をプラグインとして増やしていくことが出来たり、設定にGConfを使わないなどの特徴があります。
私はKDEをメインで使うユーザなので、設定にGConfを使わなくてよく、また最初からKDEへの設定が容易そうだったBerylはちょっと興味が湧きました。で、試してみることに。
@ITの記事ではFedora Extrasに採り入れられていないからリポジトリを追加しろということでしたが、今日確認したらばっちり取り込まれてました。おかげで何も苦労すること無くBerylと設定ツールをインストール完了。ぽちっとなっと試してみると、確かに3Dデスクトップ環境のできあがり! いや〜、やっぱデスクトップをぐりぐり動かす感覚ってインパクトありますよねぇ。 レスポンスも良好ですし、何より気持ちいいw
で、しばらくそのまま動かしていたんですが、数時間経過したらなぜかCPU100%喰ったまま制御が不安定になっちゃいました。Xorgが70%くらいCPUリソース持っていってたので、原因はおそらくBerylにあるのでしょうが・・・、理由が分かりませんでした。突然そうなったし、再現もできなかったので原因不明Orz 一回Xを再起動したけどまた100%リソース持っていかれちゃって、共通性が無かったから原因を突き止められなかったのよねぇ・・・;;
とりあえず今はBerylを使わないことで妥協してますが・・・、安定して動作さえすれば気持ちいいのでちょっと原因を調べてみないとなぁ。nVidiaのドライバのせいという可能性もあるにはあるんだけれど・・・、まぁちょっと調べてみよう。
とりあえずはFedoraJPの掲示板かな!?