GoogleTalk経由は微妙な感じ

Twitterでちまちまと何してる更新。
はいいのだけれど、GoogleTalkからの更新がイマイチよく分からない。一応更新はしてくれるみたいだけど、どうもすぐに反映されないご様子。それとも試した環境が悪かったか・・・?
Webから更新したらすぐ更新されるんだけど、そのためにブラウザを開くのは鬱陶しいし。手軽に更新できるのがウリだしね。
つーわけでWinの方はYahoo!Widgetのウィジェットを使って更新。こっちはWeb経由っちゅーことで気軽に更新できていい感じ。
Linuxでも気軽に更新したいからGoogleTalk経由で更新できるのが一番ありがたいんだけどなぁ。
ん、さっきIRCGatewayを試してみたら動いたな。これ.NETで作られててしかもMonoがあればLinuxでも動作可能とか書いてあるからこれがよさげやな。よしこいつをLinuxでも利用しよう。そうすりゃIRCに繋いでたらおkだし。
ところでマクロに反応した場合それはステータスとして反映されるのでしょーかw

広告

キターーーーーー!!!(AA略

ようやく今日研究のプログラムが収束したよぉぉぉぉぉぉぉぉ><
まぁ原因はやはりというかなんというかケアレスミスOrz
3元の連立方程式を2つ解いて未知数6つを求めるのだけれど、求める式は合ってた。結果も合ってた。組み合わせが間違ってたOrz
C11,C21,P1って変数の連立方程式と、C12,C22,P2って変数の連立方程式をそれぞれ解いたのに、得られた解の組を
C11,C12,P1 と
C21,C22,P2 の順に書いてしまったため収束しなかったとか言うオチOrz
なんというケアレスミスだよ・・・;; まぁこれに行き着くまでにそこそこの数のバグに出くわしていたからそれをつぶすことができたってことで前向きに捉えようと思う、うん。
ついでに言えばプログラムのデバッグとしてどういった点に着目しなくてはいけないか、とかそういう地味な手法についても色々と得るモノはあったと思う。
ま、何はともあれ、なんとか納期に間に合って良かった。ギリギリだけどw
明日からは効率UPのための改良手法のお勉強。さて、論文読みますか・・・^^;

はやりにはのっかろう(ぉ

つーことでTwitter始めて見た。
うん、流行に乗っかってみようと思っただけなんだ。
登録は簡単だったけど、BlogパーツやらGoogleTalkからの投稿やらの設定がよー判らなくてちょいと困った。
単純に反映するまで時間をおいてやる必要があっただけなんだがOrz
とりあえず、ゆるゆるとした投稿はすげー敷居が低くて確かに楽だ。APIがかなり公開されてるってことでサードパーティ製のツールが多いのも好きなスタイルで投稿できる敷居の低さを提供してくれてる感じ。
ほんとのおもしろさみたいなのはもちっと使っていかないと見えてこない気はする。つーか友達つくらねーとなw
けど私の周りはこーゆーのに興味持ってなさそうやからなぁ・・・。
ま、追々ゆるゆると輪を広げる努力はしてみよう、うん。

おぉ、ようやく希望の兆しが!

今日、理論が正しいことがおよそ見えてきた。うん、やはりというかなんというか、私がどこかで凡ミスをやらかしているっぽいOrz
う〜ん、分母分子ともに分数で、それぞれの分母(わっかりにくいな〜^^;)が同じだからって払っちゃったけど、そこが実は違ってたとかだったらどうしよう・・・;;
とりあえず今日は共同研究先の方とミーティングがあったのであんまり進められなかったけど、てごたえはあったってところかな。うまく行けば明日中に良い結果が得られるかも。希望的観測ではあるのだけれど(ぉ
うまく収束したらなんとか5月中に間に合う! 5月中には何かしらの結果を出したいと思いますと言った手前、やっべーなーと思ってたけど滑り込めそうだ(笑)
さて、明日頑張るか!

まだミスあったよOrz

もういい加減ねーだろと思ってたプログラムミスがまだあって素に凹んだOrz 発散の原因がそこだった。が、収束しない原因はそこじゃなかった(ぉ
まぁそれは道理かな。2回目以降の係数更新の際の処理にミスがあった訳で、初回の係数更新は関係なかったからなぁ。おかげで発散はしなくなったけれど収束もしないというジレンマに;;
とりあえず明日共同研究先の方がいらっしゃるのでそこでいろいろと相談してみよう。いくつか確認したいこともあるし。う〜ん、明日確認する方法で仮に理論の正しさが証明できたら、いっちょ泥臭い方法で試してみるかな。簡略化はもっと後からでもいいわけだし。
とはいえあれハードで実装するとなると相当苦難が多いよな・・・。処理時間とメモリ両方のコストがでかいという曲者。こ〜りゃはやいとこ理論の正しさを実証してコストダウンに入らなきゃなぁ・・・。
はぁ、気持ちだけが急いていく・・・Orz

これは厄介なことになっちゃったな・・・

研究で行き詰まっていたり。
とりあえずこちらが考えている理論通りには組めたと考えている。
が、結果は発散。っつーことは、もう理論の方を突き詰めた方がよいのかも知れない。バグ探しがしやすいよう、機能毎に結果はチェック済み。各モジュールにおかしな点はないし、こうなるとおかしいのは係数更新部分のみってことに。
けど、理屈に関してはこっちだってちゃんと考えたんだけどなぁ。まぁ、
「理屈ではうまくいくはずなんですが・・・」
というのは言い訳としては通らないし、事実発散して居るんだから理論か実装のどちらかに欠陥があるわけで。
今まで実装をひたすらチェックしてきたけど、いよいよ理論をチェックしなくちゃいけないよう。
しかし、基本となるアルゴリズムを拡張したわけで、基礎から考え出した理論って訳でもないから、そうそう落とし穴もないんじゃないかと思ったんだけどな・・・。考え直すとしたら畳み込みを周波数領域の積にて計算してIFFTしている処理がまずいのかどうかだけど・・・。これって割とよく使われる手段だと思ったのに違うってーのか・・・?
週末に教授に相談しようと思ったら学会で出張Orz
明日まず聞きに行くかなぁ? けど明日はミーティングだし、そこで報告ってーのも手ではあるが・・・。
どのみち今のままじゃ報告する事柄も何もないから、朝相談しておいた方がいいか。昼間で時間もあることだし、やれることはやっておいた方がいいだろうし。
はぁ、気分重いなぁ^^;

続きを読む

あっちぃので

扇風機を稼働。いや〜、お手軽な割にひじょーによい働きをしてくれますよね扇風機は^^
部屋が狭いため弱送風で十分だったり。むしろ強くすると部屋のほこりとかを巻き上げそうで恐い。一応掃除はしているけれど・・・、部屋がカオスですからOrz
しかし急に暑くなったもんだ。水分をきちんと採っておかないと体調くずしそう。実際少し崩し気味だし。
とりあえずお茶とかをこまめに飲む。これが基本やね。
ん、CPU温度は38度か。1つファンを動かしていないけれど、これなら動かす必要もなさそうだな。真夏になればどこまで上がるだろうかと心配していたけどこれなら耐えられそう。
ま、デフォルト1GHzで動かしてるしなぁ。温度が上がる作業なんてないって訳か。よきかなよきかな^^