KDE on Windows

さて、先日ポストしましたように、KDEのWindows版が暫定的にリリースされています。
で、せっかくだからってな訳でインストールしてみました。
詳しくはコチラのページを見て欲しいんですが、まだ日本語でのインストール記は少ないだろうと思うので誰かの役に立てばと人柱的メモ。
あ、統合デスクトップ機能は提供していないですし、今後も提供する気はないようです。KWinとかですね。また、Plasmaも提供するつもりはなさげ・・・? KDEアプリが利用できるようになると考える方が正解っぽいです。
さてさて、それではインストール方法を説明していきます。Mac版は分かりません^^; まず、このWindows用インストーラ配布ページにアクセスし、
「kdewin-installer-gui-latest.exe」
をDLしてください。こいつをDLできたら実行します。するとインストーラが起動します。インストール手順といいますか、作法はCygwinにそっくりです。そちらをインストールしたことのある方は分かりやすいかと思います。
まず、自身がエンドユーザなのか開発者なのかを選択します。自分でビルドしたいという訳でもなければEnd-userでよろしいかと。また、パッケージタイプは一番右をチェックしておけばいいと思います。エンドユーザであってもMinGWやMSVCを選択できますが、あんまり意味ないと思います。
さて、続いてKDE4のインストール先を指定します。公式サイトでは「C:\KDE4」を例として説明してありますので、ここでもそれに倣うとします。保存先は特に制限はありませんが、日本語を含むパスは避けた方が無難かと思います。
続いて、ダウンロードしてきたパッケージの一時保存先を指定します。これはどこでも構いませんが、私は「C:\KDE4Down」というディレクトリを指定しました。適当にどっか用意してください。
次に、パッケージをダウンロードするミラーを選択します。日本のミラーがいくつか登録されていますので、そこから選ぶとよいでしょう。基本的にはどこのミラーを選んでも同じパッケージ内容となっているはずです。
さて、ここから先はどのパッケージをDLするか、という選択画面です。パッケージは後からでも追加可能ですのでまずは最低限の構成で行うのもありかと思います。本家サイトの#Download needed packagesに最低限必要なパッケージリストがありますので、そちらを選択してください。
それに付け加えまして、dbus-msvc, kdebase-msvc, kdewin32-msvc, qt-msvc, vcredist、さらにkdebase等のKDEパッケージを選択します。KDEパッケージにはgameなどいくつかありますので、お好きなものを選択してください。
選択するパッケージですが、自前でビルドするつもりがないならbinaryの項目をチェックしてください。チェックマークがつくはずです。Sourceはエンドユーザには不要です。
以上でインストール自体は終了です。勝手にパッケージをDLしてきて、指定したインストール先に放り込んでくれます。パッケージ数が多いのでそれなりに時間はかかるかもしれません。
その間に、環境の方を設定します。KDEアプリのために、環境変数をいくつか追加します。まず、システム環境変数の「PATH」に
C:\KDE4
という項目を追加します。インストール先が異なる場合は各自の設定に合わせてください。
続いて、新規項目の追加を行います。変数名を
KDEDIRS
とし、内容には
C:\KDE4
と入力します。これでひとまずは準備OKです。インストーラが全部インストールを終えるまで待ちます。
無事インストールも完了し、環境変数の設定も終えましたら、C:\KDE4\bin以下にあるQtアプリやKDEアプリを実行してみましょう。例として、Kwrite.exeなどが実行できれば成功です(Kwrite.exeはテキストエディタです。日本語化はされていないですが、日本語入力は問題ありませんでした)。
それができましたら、コマンドプロンプトを起動(プログラムを指定して実行->cmd)しまして、
C:\KDE4\bin\update-mime-database C:\KDE4\share\mime
を実行します。大量の警告メッセージが出ますが、本家サイトによると、大抵のメッセージは無視しろ、だそうです(ぇ 唯一従った方がいいのは「XDG_DATA_HOME」と「XDG_DATA_DIRS」の環境変数をセットしろ、くらいみたいです。両方共に、
C:\KDE4\share
と指定したらよいみたい。ただ、こう指定したらXDG〜に関するメッセージが出なくなっただけで、意味があるのかよく分かっていません^^; 翻訳能力低くてごめんなさいOrz
続いて、
C:\KDE4\bin\kbyildsyscoca4 –noincremental
と実行すれば、必要なプロセスが自動実行されます。もしdisk fullというメッセージが表示されましたら、KDEアプリが何か実行されている状態のはずですので、そいつを一旦終了して先のコマンドを実行してください。これはKDEアプリを実行する前に1度実行しておく必要があるみたいです。実行してなくてもKDEアプリ起動しましたけどね^^;
以上で全行程終了です。後は適当にアプリ起動して遊んでください。まだパッケージ化されていない物もたくさんありますし、ビルドすらされていない物もあります。
個人的にはkdegraphicsが試してみたかったなぁ。これが一番おもしろそうなのに。amaroKはプロジェクト自体がWinへのポーティングを頑張ってるけど、バックエンドに何を使うつもりなんだろう・・・? しばらくは時間かかりそうだなぁ。
使ってみた感想ですが、まだまだ荒いです。そりゃまぁそうでしょうけれど、少なくとも今の状況では積極的に利用するメリットもないかな^^; インストールに手間はかかるし、使えるアプリがさほど珍しい物でもなく、Winで動かす必要性を感じないってところでしょうか。
エクスプローラに該当するDolphinは、起動はしたんですがパスをなぜか認識できませんで、使用感は不明。Konquerorは起動したんですが、窓にはIEありますし、Firefoxもあるのでちょっと珍しさには欠けるかな。
Kwriteは使い勝手相変わらず素敵ですが、このためだけにWinにKDEを入れるのは不毛過ぎます・・・。Winにも優秀なテキストエディタがフリーでありますから。
kdesdkのパッケージは用意されているので、Win向けのQtアプリやKDEアプリの作成はやりやすくなりそうです。開発者には有用かも。
Gameは入れてないのでちょっと分かりません。
kdegraphics、amarok、kofficeあたりはパッケージ化されていませんがビルドはできてるみたい(?)。これらがWin版KDEのキラーアプリとなるでしょう。こいつらの使い勝手によって、インストールする価値があるかないかが決まりそうです。特にkofficeはOpenoffice.orgに対する大きな代替候補となるのではないかと。Linuxではkofficeの方がはるかに動作が軽いです。
amarokもLinuxでは大人気のミュージックプレイヤー。iTunesに似ていますが、本家より使いやすいと評判。iPodも接続可能ですし、バックエンドの問題さえ解決できたらこれも楽しみなパッケージです。
とりあえず、今の段階では人柱です。しかし、動作している時点で驚きではありますね。Qtを利用したアプリは色々とありますが(OperaやSkypeなど)、KDEアプリがネイティブで動くんだからおもしろい。
今後、こうやってプラットフォームの垣根が低くなって行ってくれたらうれしいですね。SilverlightやAIRなど、プラットフォームを意識しないですむ環境はどんどん準備されてきてます。Linuxユーザとしてはうれしい限りでありますよー^^

広告

蜂の巣除去

今朝、私寝坊したんですよね。起きたのがのが9時過ぎてて、
「あちゃー、やっちまったなぁ」
とか思ってたわけですよ。
で、いそいそと朝食をとりまして、出かける準備をしていた訳です。今日は母親が休みらしく、外でご近所さんとお喋りしてました。
で、そろそろ出かけますかねーと思っていたら、母親が外から
「こで〜!ビニール袋〜!袋持ってきて〜!早く〜!」
と叫ぶじゃありませんか。
何事かいなと思っていたら、
「早く袋袋〜! 蜂の巣入れるから!」
なんですと!?
なんでいきなり蜂の巣除去なんて始めてやがりますかうちの母親は!
で、あろうことか無防備(ふつーの格好で、素手に鋏)で除去なんてしてました。
つーか、蜂の巣を取ったら袋が必要になることくらい分かりきってるだろうに。なんで準備してないかねぇ・・・。
とりあえず袋を母親に献上。今日は昨日一昨日ほどじゃありませんが寒いのは寒かったためか、蜂は非常に大人しかったです。
おかげで特にジェット噴射で追い払う必要もなく、あっけなく除去してました。
つーか、絶対母親の思いつきなんだろうなぁ・・・。準備悪すぎるもん。つーか私がトイレとか行ってたらどうする気だったんだw
ま、おかげで蜂の巣が除去できたのはよかったですけど。これで春に怯える必要がなくなります。
父親は週末にやろうと思っていたようです。こないだの日曜日にやろうとしてたんですが、あいにく私が大学へ行くつもりでしたので、それなら来週に回そうか、と。
で、ハチジェットも買ってたみたいw ま、除去できたんだし、結果的に何も被害はなかったので父親としても文句はないようですが。
もちろん、帰って来てそれを聞いたら呆れてたみたいですけどねw
そりゃそーだw

KDE周辺は中々に騒がしいやねぇ^^;

Nokia、TrollTechをTOBで買収へ
ということらしいです。TrollTechとは、QtというC++のツールキットの販売を行っている会社です。で、このQtがずばり、KDEのコアコンポーネントなんですね。
Qtは商用ライセンスとオープンソースライセンスの2種類提供されています。また、組み込み系のツールキットとしてもその筋では有名で、携帯向けのツールキットも提供しています。
そんな会社がNokiaに買収されると聞き、
「オープンソース版は!? つかKDEとか大丈夫!?」
と思ったのですが、どうやら大丈夫そう。オープンソース版も引き続き提供されるようで。まぁ、こないだKDE4のマルチプラットフォーム化計画が出てきたばかりですしね。いきなり反故にはしないということでありました。
まぁTrolltechとしても、母体が安定した大企業になりますし、Nokiaとしても自社が提供するケータイ向けにツールキットを利用しやすくなるわけで。Trolltechの取締役が全会一致で賛成しており、株主にもTOBへ応じるように促しているのも頷けます。
まぁでも、こういった買収やらなんやらをオープンソース界隈が嫌うのも事実。実際、過去にKDEは、コアコンポーネントがQtということで随分と冷遇された時期があったらしいですからねぇ^^;
母体が企業体であれば、オープンソース版を切ってしまうことも可能ですからねぇ。そういった不安定さを嫌うのも致し方ありません。
が、MySQLの例もありますし、またJavaもオープンソース化に踏み切るなど、最近だと母体が企業であってもあまり気にならなくなっていますね。
KDE4もリリースされまして、KDE4.1へ向けて毎月のようにマイナーバージョンアップを行う予定みたいです。
こうなると、きっとGnome陣営も黙っては居ないでしょう。KDE単体で3Dデスクトップ機能が提供されてしまいましたし、Compizがさらなる機能強化を図ってくれると期待しちゃったり。
まぁそれはなくても、モチベーションは上がってくれそうですね。Winの見た目はOSが変わらないと大幅に変更は出来ませんが、Linuxだと比較的楽に変更できますから、見た目についてはMacと張り合えるくらいにはなってくれると期待。
使い勝手自体は今でも十分という気もしますので、周辺機器のサポートがもっとできてくれると嬉しいですねぇ。グラボもデュアルコア化してきた今日この頃。その機能を享受したかったら対応したソフトが居るそうです。ハードウェアメーカーさんには、できたらLinuxにもドライバやソフトを提供して欲しいと思ったり。
Linux向けのドライバ、増えていますし提供される時期もとても早くなって居るんですけどね。得にプリンタとスキャナはほぼ提供されてますね。複合機ですら動くんだから感激。
後は無線LANだなぁ。それが気楽に使えるようになると便利でいいのだけど。
きっと地デジとかワンセグチューナー向けの視聴ソフトは出ないんだろうなぁ。
Macとかも出てないんだろか? それなら諦めるしかなさそうだ^^;
こればっかりは日本が欧米と比べてかなり特殊だからなぁ。解決策はなさそうかもOrz

あら〜?

一応、今日くらいにはFedoraでもKDE4が試せるはず・・・と思ってたんですが、日本のミラーリポジトリにはそれらしいパッケージが用意されてないですね・・・。
それともkde.orgにて書いてあった24日情報ってのは、Rawhideで使えるようになるのが24日って話だったの???
けどRawhideのパッケージはfc9ってなってるんだよなぁ・・・。確かにリリースナンバーは4.0になってたけど、アップロード日時は24日より前だし・・・。
どうなってんだ???
さらにオドロキのニュースが。なんと、KDEがWinとMacに(仮)対応したらしいです。詳しくはコチラ
もちろん、まだまだ基本的なアプリケーションしか動かないし、バグ見つけたら是非メーリングリストに投げてくれ!ってなっているので、現段階では人柱向けってコトにはなるのでしょうが・・・^^;
しかし、WinやMacで流行るんでしょうか・・・。WinやMacではウィンドウマネージャを切り替えるって言う文化はないわけだし(MacOS XはネイティブとXを切り替えられたはず・・・)、それにLinuxで動作するアプリケーションはDLLで依存しまくりんぐがデフォルトだから、窓の文化にはなじまないような・・・。
ただ、ITmediaの翻訳記事にありましたが、WinとMacで活躍するフリーソフトプログラマはLinux界隈よりも遥かに多い。だから、彼らを巻き込みたい。そういった意味合いのことが書かれてました。
これは素直に賛成ですね。特に、KDE4.1がリリースされる頃には、Macのダッシュボードウィジェットを完全に動作させたいという話です。KDE4から新たに搭載されることになったPlasmaですが、これがMacのダッシュボードウィジェットを扱えるようになると、一気にウィジェットの数が増えます。
また、開発者の母数もかなり増えてお得。仮にPlasmaがWinとLinuxの両方に対応してくれたら、私のようなデュアルブートユーザにとっては凄く魅力的だと思うんですね。どっちのOS起動しても同じウィジェットが動作してるって、凄くないですか?
まぁ、KDEのWin&Mac対応ってのも、アプリを動作させる程度でウィンドウマネージャを動作させようとまでは思っていないでしょう、きっと。仮にウィンドウマネージャを動作させようとしてるなら、それこそLinux使えって話になりますものね。
いや、Winのネイティブアプリが使いたいとかか・・・?
まぁでも、ウィンドウマネージャを動作させるのは非現実的だよな。とりあえず、PlasmaとamaroKが動けば満足かな。特にPlasmaは動いて欲しいなぁ。
ふむ、今なら人柱になれる、か。気が向いたらWinで実行してみましょうかね^^

そろそろ考えるわけですよ

いよいよ、卒業が目の前に迫ってるんだなぁと。
修論の発表会は2/21。気がつくともう1ヶ月切りました。講座ではバカばっかりやってきましたが、やっぱり、ちょっとしんみりとしちゃいますね。卒業するんだな〜なんて考えると。
ありがたいことに、私はこの講座が大好きでありまして。講座の面々とバカやっているのが非常に楽しい時間であります。そう思える学生生活というのはとても嬉しいことですね。
とまぁマジメなお話はこれくらいにして。相変わらずVOC@LOIDのオリジナル曲というのを追いかけ続けているわけですが、元旦に紹介した「ぶちぬけ!2008!」の作者の新曲がこれまたとても素晴らしい曲だったのでご紹介。
【ニコニコ動画】「歌に形はないけれど」 初音ミク・オリジナル曲
作者のHPにてmp3が配布されてます(HPはコチラ!)。
できたら一度聴いてみて欲しいなと思います。VOC@LOID云々抜きにして、いい曲なんじゃないかなと。
今日はここいらでも雪がちらついてましたね。やっぱ冬はしんみりと染みる曲が心地良いであります。
せっかく雪降ったんだし、MOON CHILDのHallelujah in the snowでも聴きながらまったり過ごしましょうかね^^

VMwarePlayer2になって変わったこと

VMwarePlayerがVer2になって、いくつか機能が強化されています。
特に、USBが2.0に対応したことが嬉しいですね。やっぱ速いに越したことはありません。Linuxから扱えない、あるいはドライバなどがあまりよろしくないデバイスなんかを扱うにはよさげです。プリンタの縁なし印刷とか。
さらに、Ver2からはVMwareToolsも同梱されるようになりました。Win版だけ。Linux版のVMwarePlayerには同梱されません。何故だっ!
VMwareServerのLinux版には同梱されてたんだけどなぁ。そのうち同梱されるようになるんだろうか?
とりあえず、WinにもVMwarePlayerをインストールし、windows.isoとlinux.isoを抜き出しておこうということでDLしてたんですが、これがまた遅い!
なんと平均15KB/s。遅すぎるだろうと。DLに3時間以上かかっちゃいましたよ・・・Orz
DL完了後、インストールはすぐ終わりまして。インストールフォルダにお目当てのwindows.isoとlinux.isoを発見。コピーして保持しておきました。WindowsにてVMwareを利用することはあまりないと思われるため、システムドライブの空きがやばくなってきたら削除するとしましょう。あって損するものでもないのでとりあえず削除は保留。
しかし、昨日ポストした現象に対する解決策は未だに見つかっていないため、ここで手に入れたVMwareToolsが日の目を見るのはもう少し先になりそうです。けど、せっかくメモリを増築したことだし、久しぶりにまた仮想ゲストで色々と遊ぶのもいいかも知れないな。
仮想化ソフトもいくつか選択肢があるけど、やっぱ現段階ではVMwareが一歩抜きんでてるかなぁ。けど、KVMやXen、VirtualBoxといったオープンソースのソフトたちがぐんぐん伸びてきてますしね。今後に期待。
特にKVMはカーネルモジュールがFedoraの公式リポジトリに用意されているため、カーネルの更新時に一緒に更新されるところが魅力。他のソフトだとカーネル更新後にモジュールを作成し直す手間が掛かりますしね。まぁ、そんなにカーネルの更新しなくてもいいんじゃねーのという話もありますが^^;
ふむ、とりあえず、VMwarePlayerで最近話題のPCLinuxOSでも試してみるかねぇ。Debian系も扱えるようになっておくと何かと便利そうだ。

VMwarePlayer2が出てた

そういえばLinuxを新規で入れ直したので、VMwarePlayerを入れてないなーと思い、久々にVMwarePlayerをDLしようとウェブサイトへ。
すると気がつかないうちにバージョン2が出てたんですね。USB2.0に対応とかなかなかアツイじゃないですか。
で、さっそくダウンロード&インストール。ついでだからということで64bit版をインストールしました。特に意味はないんですけどね^^;
インストール自体はさくっと終わり、vmware-config.plも問題なく終了。いつぞやのtouchでファイルを作成しないといけない問題は解決されてたようですね。
で、さっそくXPの仮想イメージを起動しようとしたんですが、

File not found: Windows XP.vmdk
This file is required to power on this virtual machine. If this file was moved, please provide its new location.

ってなエラーで起動できません。Windows XP.vmdkってのは私が作成した仮想イメージファイル名なんですが、こいつはばっちり存在してます。けど何度やってもこのエラーが消えてくれないんですよねぇ。
このまんまエラーメッセージでググってみたんですが有力な情報が得られず。もう一度仮想OSを作成しなおすのも面倒ですしねぇ。どうしたものか思案中です。
また、この仮想イメージにはVMware-toolsがインストール済みなんですよね。VMware-Serverを使ってインストールしたんですが、VMware-Serverはちょっと大仰過ぎるのでインストールは躊躇してます。ライセンスキーを取得しないといけないですし(前のが使えるのかな?)。
仮想イメージはもうひとつ、KVMのもあるんですが、そっちはネットワークの扱いがよく分かってないんですよね^^; 仮想OS単体で動かすのは何の問題もないのですが、LANでファイルをやりとりしたり、USBを渡したりするには不向きだなと。
USBを渡せれば、プリンタをゲストのXPで制御して印刷とかができるため、色々と便利やなーと思ったのですが・・・。
もう少し調べてみますかね。誰かヒントくれヒント!