[Linux]Adobe AIR ようやくα版が提供開始

Adobe Labsにて、遅れていたAdobe AIRのLinux版が提供開始しました。既にWindows版とMac版は提供されていますので、これでLinuxでもAIRアプリを試すことができます。
とはいっても、α版ということでいくつか実装されていない機能もあるみたいです。ざっとドキュメントを読んだところ、それほど致命的な未実装機能はなかったように思ったんですが、未実装機能の中に「menu support」ってのがあったのが気になります^^; メニューが作成できないとなるとデスクトップアプリとしてはしんどいと思うからなぁ。私の勘違いであればいいんですけれど。
しかし、システム要件の中に「32bit」とも「64bit」とも書いてなかったのですが、これはやはり64bitの存在なんて知ったこっちゃねーってことなんでしょうか?(ぉ まぁベースとなるFlashのライブラリですら64bit版が提供されてないんですからAIRで64bit版が提供されるわけはないですが・・・、にしたってシステム要件には書いてほしいなぁとか思ったり。64bit OSユーザは完全に爪弾きやないですかー><
で、早速試そうかとも思ったんですが、対象ディストリビューションの中にFedoraがなかったので今回は見送り。RHELはあったのでまぁ問題なく動くでしょうけれど、「動かしてみたい!」と思えるようなアプリも特にないので頑張って入れるほどでもないかなぁと^^; まだあんまりAIRアプリって浸透してないと思うんですよねぇ。これからだと期待する所です。
個人的にはAIRには頑張ってほしいんですよねー。RIAクライアントとしてはM$の.NETもありますが、こちらはLinuxで完動しない事が多いのでイマイチ。GDI+を使っちゃったらそれでもうWin以外の環境では使えませんからねぇ。その点AIRならばFlashがベースという事でランタイムさえ入れておいたら動くという安心感があります。
α版とはいえLinuxにもランタイムが提供されたので、ぼちぼちAIRアプリを探索してみようかなと思います。
あぁ、デスクトップにまたウィジェットが増えそうだ(ぉ

[Linux][Fedora]Specto優秀じゃん&Fedora9βをちょこっと試してみた

今日紹介するプログラムはSpectoです。まだ開発が始まってから間もない、β版くらいの扱いではあるのですが、これがなかなか優秀なのでご紹介。
SpectoはメールやWebサイト(RSSを配信していない一般的なWebページ)の更新チェックをはじめ、プロセス監視やファイル・フォルダの更新チェックもできる万能チェッカです。その実態はPythonで書かれた小さなスクリプトで、パッケージのファイルサイズは非常に小さいです。
Fedora8のリポジトリには既に登録されており、確かUbuntuにも登録されていたはずです。それぞれyumやaptにてインストールしてみてください。使い方は非常に簡単です。
まず、コマンドラインから「specto &」と実行するか、スタートメニューからSpectoを探して実行してください(私はKDEなのでGnomeのメニュー構造が分かりません。ご了承をば)。するとシステムトレイにアイコンが現れると思います。
Specto.png
で、こいつを左クリックしますとチェックしたいものを設定するポップアップが開きますので、チェックしたい項目を記入して設定完了です。
ね? 簡単でしょ?(某ヒゲ親父風
特に、Gmailはユーザ名とパスワードを入れるだけでチェックできますので、Gmailチェッカとしても使えます。唯一注意するとしたら、デフォルトでチェック間隔が「時間(Hours)」になっていることくらいですね。設定を入力したら、チェック間隔が自分の思っていると折りになっているかは確認した方がいいと思います。私の場合、最初「10分」で設定したつもりが「10時間」になっており、「全然チェックしてねーじゃねーか!」とか思いました。えぇ、「分(Minutes)」に直したらちゃんとチェックしてくれてました。デフォルトで「時間」はないと思うんだけどなぁ・・・^^;
更新があった場合ですが、上の画像にあるような青いアイコンがオレンジに変化します。また、ツールチップでも知らせてくれます。
更新の有無に関わらず、アイコンを左クリックして項目(メールやウェブサイトなど設定した項目)を選択し、「移動」ボタンをクリックすると項目に応じて自動でアプリが起動します。
例えばメールならばメーラが(ただしGnomeの設定による。GnomeではデフォルトでEvolutionが設定されているので、適宜gnome-control-centerにて既定のアプリケーションを設定しておくこと)、ウェブサイトならブラウザが起動します。
Gmailの場合はブラウザが起動してGmailの受信トレイページに飛ぶんですが、ちゃんとhttpsでアクセスしてくれます。Google純正のブラウザツールバーより優秀じゃん!w ちなみにGoogleツールバーのメールボタンをクリックしてGmailページに移動する際、httpsにアクセスするようにカスタマイズすることは可能です。「ツールバー gmail https」あたりで検索してみよう!
このあたりの通知方法の設定はシステムトレイ内にあるSpectoのアイコンを右クリックして設定してください。
ただ、この設定にて通知サウンドを設定できるのですが、鳴ってくれてません。謎です・・・。このあたりはまた調べておくとしましょう。
さてさて、Spectoの話題はこれくらいにしまして、ここからはFedora9βの話題。と言いましてもちょろっと試しただけなのでほんの少し雰囲気を感じ取ったって程度です。
が、痛感したのは
「やっぱFedoraってGnome派なんだな」
ってことですね(ぉ
いやまぁそれは分かりきっていたことではあったのですが、Fedora9β KDE版LiveCDを試したわけですよ。そしたらFirefoxが入っていないとかそれってどーよと(苦笑) Konquerorで頑張ってくれということらしいです。そいつはなかなかに予想GUYでしたねぇ。GPLなFlashライブラリであるSwcdecだったかな? そいつが搭載されててかつFirefox3のβが搭載されてるよって事前リサーチで仕入れていたので、それを楽しみにしていた面もあったんですけどねぇ。ちょっくらがっかりだぜ。
ただ、KDE4をちょっと触れたのは楽しかったです。Plasmaがいい感じ。今はSuperKarambaからScreenletsに浮気してますが、KDE4になったらPlasmaに再乗り換えしそうです。
PlasmaはSuperKarambaを進化させたもので、KDE4では様々な場所で利用されてます。SuperKarambaはただのウィジェット群でしたが、KDE4+Plasmaではタスクバーやシステムトレイ、ページャなどもPlasmaで提供されます。現在、タスクバーに対するオプションが少ないなぁとは思いましたが(透明化オプションが見つけられなかった)、KDE4リリース直後にどこかのレビュー記事(blogだったかな?)で書かれていた「タスクバーが画面下部から変更できない)という事実はありませんでした。ちゃんと上下左右移せます。大きさも変更できました。
とはいえ、タスクバーは現在の方が設定項目が充実してます。このあたりは追々改善されていくとは思いますが、旧タスクバーを使うという選択肢はないのかなーと思いましたね。大幅な変更なので躊躇する人もいそうです。
デフォルトで用意されていたウィジェットはあんまり面白みがないものが多かった(失礼^^;)んですが、個人的に「おっ」と思ったのがTwitterクライアント。十二分な完成度してました。意外とLinux向けのTwitterクライアントってないので、Plasmaで提供されてるのは強みかも。アバターも表示されてましたし、日本語も問題なく表示してました。
そういえばデフォルトのフォントがさざなみから変更されたっぽい? LiveCDはあくまで英語版ということで、日本語は表示のみ可能だったんですが、見たところVLGothicが採用されていたように思いました。ひらがながM+フォントであったことは間違いないです。見慣れたフォントでしたので。
フォントは結構重要ですしね。さざなみはお世辞にも綺麗なフォントとは言い難いので、M+フォントが採用されているのはうれしい限り。漢字がさざなみだったのかIPAフォントだったのかは確認できませんでした。というか私の目にはよく分かりませんでしたOrz フォントパス調べておくべきだったか・・・。多分FedoraなのでVLGothicだとは思います。
あと、これもLiveCDだからだとは思いますが、kcontrol-centerがありませんでした。せっかくPhononをチェックしようと思ってたんですけどねぇ。Solidの方は仕組みをよく理解してないのでもう少し色々と調べてからチェックするとして、Phononの実力を調べておきたかった・・・! ちゃんとシステムベルはPhonon経由で鳴っているのかとかをチェックしたかったんですけどね。 デフォルトではウィンドウを閉じる度に、心臓の鼓動音のような「ドクン」ってな音が鳴ります。
正直、悪趣味かと(ぇ
あと、これはGnomeでもきっとそうなんでしょうが、HAL+udevが強化されてまして、「最近着脱したプラグドデバイス一覧」みたいなのも表示できるようになってました。Bluetoothの対応も強化されていたりとデバイス面の強化は嬉しい所ですね。無線LANの設定もだいぶ楽になってるみたいです。が、私はイーサネットコンバータを利用しているのでちょっとそこいらはチェックできず。
KDE4は見た目の変化がもの凄いのでそちらに目が行きがちですが、PhononやSolidなど目に見えにくいところも大幅に強化されています。とはいえまだリリースされてから間がないということで不具合も多々予想されるでしょうけれど、今からFedora9の正式版リリースが楽しみになってきましたよー!
予定では4月下旬ってなってたかな? このベータ版のリリースも見事に遅れたので、多分正式リリースも遅れるんでしょう・・・w それがFedoraクオリティ。
とはいえ、完成度の低いままリリースされるよりよっぽどマシですしね。致命的なバグがちゃんと修正されてからリリースされることを期待します。無償で提供してくれているものにケチなんぞつけませんぜーw
ん? Gnome? そんなもん知ったこっちゃねーがよーw (最近なぜopenSUSEじゃなくてFedoraを使っているのかには疑問を感じるときがなくはない・・・w)

[ゲーム][VP2]竜の墓場&奉竜殿クリア

相変わらずこのゲームはいきなり敵が強くなるから困る。
とりあえずクリアはしましたが、久々に敵前逃亡を繰り返しました><
こちらのレベルもそれなりに高めだとは思いますが、アリーシャが一人ずば抜けて高いだけで他はみんな同じなので、ダンジョンの敵のレベルと大体並んじゃったみたいです。
全員同じようにレベル調整してきたからなぁ。ここに来てそんな弊害がOrz
パーティメンバーの選び方は好き勝手できるんですけどねw みんなレベル同じなのでw
まだ竜の墓場に出てくる敵はさほど強くなかったのですが、奉竜殿に出てくる敵はかなりパワフル。物理攻撃しかしてこないような相手であればまだ対処のしようもあるんですが(当たらなければどうということはない!)、魔法系の攻撃が厄介。射程は長いし、攻撃範囲は広いし、おまけにこちらからの物理攻撃が当たらない(要アンホーリィスレイヤーorゴーストバスター)。さらにダンジョンが広くて泉と台座は遠いと散々でした。
あと、VP1をプレイしている私としては、奉竜殿の動く石像に懐かしさを感じてました(ぉ 曲もVP1のときのものにアレンジを加えた感じだったと思う。いやぁ、懐かしいですなぁ(笑)
VP1のときも奉竜殿はギミック満載だった記憶がありますが、敵はさほどでしたかね。まぁこの時点で上級配列変換の宝珠を持っておりましたので、超強力な装備品を保持していたため敵の強さは気にならなかったというオチですが(ぉ
VP2ではなかなか苦労しましたね。ひとまず「被ダメージ1/4」と「50以下のダメージ無効」の最強コンボをセットするまではひたすら敵から逃げてました^^; う〜んむ、情けなや><
ただ、このダンジョンでは途中でマップ効果が寸断されてしまうため、ボスのドラゴンゾンビのために一度セットした封印石を回収する羽目に。「亀裂の戒」をセットして、推して参る!でもよかったんですが、ドラゴンゾンビは再戦可能ってことだったので安全策をとりました。
えぇ、結果的にはそれが大成功だったようです。えー、レベルとしては現状では低いくらいでした。ヒットアンドアウェイで戦って、受けたダメージは最小限(というか自動回復で補える程度)で済みましたが、結構時間かかっちゃいました^^;
ドラゴンスレイヤーを持たせて吶喊したんですけどねぇ。ダメージは知れてました・・・。調べたところHP22000だそうで。こちらから与えたダメージは一発約800。そりゃダイレクトアサルトはきつすぎるわと。
ただ、経験値は凄まじかったです。強烈なネタバレになるため伏せますが、お土産をもらうためにとあるキャラのレベルを上げようと二人で突っ込ませたんですが、倒してまさか2レベルアップするとは。決して低かった訳じゃないっすよ? 二人共Lv30でしたから。
まぁ二人で突っ込んで、なおかつトレーニングスキルをつけてさらに経験を貪る獏の理(とついでにおこぼれ狙いで経験を共にする友の理)の状態で倒しましたからねぇ。単純に取得経験値3倍はうますぎた。どうせならダブルサーチもつかっておくんだったぜ・・・。ここでしか使うことないやろうからなぁ(苦笑)
そんなこんなで一度倒しまして、目標レベルである40まで再戦再戦。再戦時の経験値は減ってますが、それでもそこいらの雑魚キャラを狩るよりもよっぽど持ってますし、きちんと距離をとって戦えば受けるダメージは知れてますので(被ダメージ1/4最高!)、非常に安全にかつ効率よくレベル上げができます。
そんなこんなでざっと1時間ちょっとでLv30->40とすることができました。目標達成ということでイベントを進め、お土産をゲッツ。このお土産が超弩級でして、この時点で取得できる武器の攻撃力が高くて200程度なのに対し、なんと600! ギャグとしか言いようのない破壊力です。おまけに攻撃回数3回 決め技可。反則だろうJKと言える攻撃力です。
こいつを手に入れたことによりさらにドラゴンゾンビ狩りが簡単になるわけなんですねー。このお土産を手に入れる条件がとあるキャラのLv40ってことなんで、そいつらを上げるのは大変ですが、その後はお土産のおかげでより簡単になります。
とはいえ装備できるクラスが限られているため、パーティに入れるクラスは限られますが、いい加減育てるキャラを絞ろうやないのということで現在重戦士と弓使いのみレベルを上げています。
ついでにお土産のおかげでダイレクトアサルトできましたのでそのSSをば。
ドラゴンゾンビ撃破
今はレベルを上げつつ、スキルを覚えさせています。ステータスは後から仲間になったキャラの方が高いことが多いんですよね。けど後から入ってくるとスキルを全然覚えていないので取得が大変。
で、ドラゴンゾンビは結構レベルが高いらしく、こちらのレベルでも1回の戦闘で30ポイント程度取得できる(100ポイント取得でスキル習得)ということでレベルを上げずにスキル覚えてました(取得金額3倍、ただし取得経験値0の封印石を持っていった)。
優先して覚えるべきと思っているスキルだけ覚えさせて、今はレベル上げに励んでます。ひとまず全員リジェネーションヒールとゴーストバスターorアンホーリィスレイヤーを覚え、重戦士はアイアンフィストとブレイクアップ。軽戦士、弓使いはフェイントとアドヴァーシニティ。魔術師はほっぽってます(ぉ 今作は魔術師いなくても特に困らないですからねぇ。まぁ大魔法が使える武器だと強いんですが、通常攻撃の魔法は結構敵に避けられるので、攻撃の起点に使えばいいってもんじゃなくなりましたし。フィールド魔法は軽戦士、弓使いも覚えるためイマイチ影が薄い。おまけに魔術師はみんな男なのでヴィジュアル的にもつまらん(ぉ
ってなわけで、みんなのレベルが40程度になったら次へ進もうかと思います。今経験値2倍+取得経験値1/6をキャンプメンバーに分配ってコンボでドラゴンゾンビを狩っているのでガンガンレベルが上がってます。全員が40なるのもすぐですね。このダンジョンを出たらいよいよChapter4。物語も中盤です。面白くなってきましたよー^^
あ、でもChapter4に入ると同時に100時間を突破しそうだw (現在96時間)
現在のレベル:アリーシャ:46 ディラン:46 レザード:46 その他:35〜40

[Linux][Fedora]freshrpmsのメインサーバが落ちてるっぽい?

ここしばらくの間繋がらなかったfreshrpmsのメインサーバ(ayo.ie.freshrpms.net)ですが、やはりダウンしているようです。私だけかな〜と思ったら海外の掲示板でも話題になってました。
ここのメインサーバが落ちているだけでミラーサーバは生きているようなので、yumの更新に失敗する方は次のリポジトリをミラーとして登録しておくとよいかと思います。
まず、/etc/yum.repos.d/freshrpms.repoを開き(要root権限)、mirrorlistを追加します。

mirrorlist=file:///etc/yum.repos.d/freshrpms.mirror

次に、/etc/yum.repos.d/freshrpms.mirrorというファイルを作成し(要root権限)、中身を次のようにします。

http://ayo.ie.freshrpms.net/fedora/linux/$releasever/$basearch/freshrpms/
http://ayo.uk3.freshrpms.net/fedora/linux/$releasever/$basearch/freshrpms/
http://ayo.us5.freshrpms.net/fedora/linux/$releasever/$basearch/freshrpms/
http://ayo.pt.freshrpms.net/fedora/linux/$releasever/$basearch/freshrpms/

これでyumを実行すれば、ayo.ie.freshrpms.netが落ちていても自動的にミラーを利用してくれます。また、最初から用意してあるmirrorlistの行よりも下に追記しておけば、ayo.ie.freshrpms.netが用意しているミラーリストを優先的に利用しますので、既存の環境を壊さずに済むと思います。
メインがいつ復帰するかは不明ですが、HPの方のfreshrpmsは繋がるんですよね。リポジトリ用のサーバだけ落ちてるみたいです。ミラーサイトのパッケージもちゃんと新しいのが入ってましたし。
個人的にはlivnaよりもfreshrpmsの方が好きでして、freshrpmsはデフォルトで有効にしています(livnaはデフォルトでは無効にしている)。ですのでfreshrpmsのメインサーバが落ちているというのは残念ですが、ここはFedora8がリリースされてからもしばらくはFedora8向けのリポジトリが用意されなかったりと少し管理が怪しくなってきているのも事実。
今後はfreshrpmsに代わるサードパーティのリポジトリの目星をつけておいた方がいいかもしれないですねぇ。候補としては、livnaかATrpmsかな・・・?

[大学院]修了式と謝恩会

昨日は修了式と謝恩会でした。
修了式の後、卒業のお祝いにとかくっちが遊びにきてくれまして、わざわざお菓子と花を一輪プレゼントしてくれました。本当にありがとう!
修士の式は昼までで、謝恩会は18時からしたので、お昼を食べてからVelnirとかくっちと3人でカラオケフリータイムで歌い倒しておりました。
NightwishのFantasMicを原曲キーで歌い通せてびっくりしましたね。家で鼻歌ちっくに歌うときには絶対に出ないキーでしたので。やはりカラオケで叫んでもいいのなら普段はでないキーが出せるのでステキ。声量張らないと高音出ないのさーw
しかし4時間ちょっとを3人で回してましたので、レパートリーは辛かったっす^^; 最近ボーカロイドの曲ばっかり聴いてたからなぁ。ほんと高校中学くらいに聴いてた曲しか歌えないんですわ>< おまけにあの頃はGLAYやらLUNA SEA、ラルクと言ったバンド全盛期でありますゆえ、似たような曲ばっかになっちまうんですなぁ。私の趣味もそーゆーのスキーですので余計にOrz
う〜ん、最近だとコブクロとかええなぁとか思うようになってきたので、ちょっとずつレパートリーに追加できるように聴き込んでいきましょうかね。 ま、JOYSOUNDならぼかろ曲も結構追加されてたりするんですが(ぇ
で、かくっちは夜に用事があるということでお別れしまして、謝恩会会場へ。シャトルバスへ乗ろうと思ったらタッチの差で出てしまっておりまして、結局ポートライナーを使いました。間に合ったので無問題^^
謝恩会では
「あー、こうやって先生方と揃って話す機会はもうそうそうはないんだな」
と感慨に耽りましたね。最初こそ多少ごたごたとしてましたが、全体的には混乱もなくスムーズに進んだ感じでした。感じの皆様方お疲れさまでした!
にしても、やはり4講座。バイキング形式の食材をみんなして手分けして確保し、テーブルに集めてみんなで食すあたりさすがのチームワークだったぜ!(笑)
開始してしばらくの後、ひらじゅんが遊びに来てくれました。ひらじゅんも小綺麗なな花束をプレゼントしてくれました! 本当にありがとう!
謝恩会の後はみんなで2次会。20時終了と遅かったにも関わらず、ひらじゅんを含め全員参加。やるな4講座とか思いましたね。
しかし、その後3次会でカラオケオールになろうとは!
まぁ3次会が決定した時点でカラオケオールくらいしか選択肢なんてないわけですが。
で、カラオケオール敢行してきました。この日トータルで10時間くらい歌ったことになるんじゃないだろうか・・・。
そりゃ最近カラオケなんて行ってなかったけどさ。1日でまとめて歌うもんじゃないぜほんとw
完全に喉つぶれましたね。えぇ。上のキーも下のキーもでなくなりました\(^o^)/
というか最終的には普通に喋るのさえきつくなりましたからねぇ。というか後輩ちゃんよ、アニソンしばりはきついんだぜ・・・? しかも夜に行った店は昼に行った店より曲数がしょぼくてですね(同系列でしたけど)、そもそもあんまり入ってなかったんだぜw
ま、おかげさんで無駄になのはさんに詳しくなれました(ぉ nikuのおかげでドラゴンボールとジョジョ、男塾あたりは無駄知識を確保しましたし、ほんと見たことが一度もないのにネタだけは知っているという非常に中途半端な知識を手に入れちゃいましたよ(苦笑)
そんなこんなで、もう今後やることはないだろうと思われる遊び方で学生生活を締めた感じです。新生活まであと1週間切りましたよ! びびりますねぇ。
さて、いい加減生活リズムを戻さないと。なんて言ってるそばから朝帰りですからねぇ。いやほんと戻さないとヤバイヨヤバイヨ^^;

03月26日のココロ日記(BlogPet)

飼育当番で強い提供にえさをあげました。ココロにすりすりしてくれました。

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

[大学院]修了式

予約投稿ということで、24日の晩に書いてます。
この時間、そろそろ修了式が終わっている頃でしょうか。
今まで卒業というイベントにあまり特別な感情は抱かなかった私ですが、今回は胸にこみ上げるものがあります。式本番では強くそれを感じているでしょうね。
さて、今まで「続きを読む」にて卒業ソング(とたまに関係ない曲)を紹介していましたが、いよいよ卒業となる今日はこちらを紹介します。
と言いますか、これが紹介したいがために他のを紹介していたというのが実際だったり。

実はこの曲の作者が「ぜひこの曲を合唱したい!」と仰ってまして、「桜ノ雨合唱プロジェクト」ってのを立ち上げてます。ここで合唱版が公開されたら、是非とも修了式までに聴いてみたいなぁと思っていたのですが、残念ながら間に合わず。
元々、このプロジェクトは今年度ではなく来年度の卒業シーズンへ向けてなにかできないだろうか、との想いから発足したものなので、仕方ないのは仕方ないんですけれども。
また、初音ミクに抵抗のある方はコチラをどうぞ myspace absorb 桜ノ雨(ページを開くと音楽が流れ始めます。音量にご注意ください)
桜ノ雨の作者が、本人の所属するバンドで歌ったものです。初音ミクverが先に投稿されましたので、absorb版のオケの方が豪華な気がします。そのうちひょっとしたらCD販売されるかもしれませんね。
修了式本番では桜ノ雨をはじめとした卒業ソングでも頭の中でメドレーしてると思います。
ほんと、研究室生活は楽しかった! ありがとう!