• 管理者用

  • Twitter

    • YAMAHAのモトロイド、いやーすげえな 仮面ライダーの世界に近づいて来てるなー 6 hours ago
    • RT @nyachi: キッチンから突然「電池が消耗しています。交換してください」って音声が聞こえたんだけど、それを言ったのが湯沸かし器なのかガス台なのか炊飯器なのかオーブンなのか報知器なのかアレクサなのかインターホンなのか分からないので、そろそろ家電は話す前に名乗ってほしい。 7 hours ago
    • The latest デイリー こで@なごみ大明神 黒ストスキー! paper.li/code_air_edge?… Thanks to @kei_2501 @ikunya @m_sakurakage #jalに願いを #ローソン 8 hours ago
    • 明石家紅白に大竹しのぶ呼んでくるとかNHKさん飛ばし過ぎやろwwww 9 hours ago
    • RT @m_bird: 世間一般では、サーバー立てるより彼女作る方が難易度低い、みたいな話が流れてきて、規模にもよるだろう規模にもよぅ!あとどういうサーバーかとかよぅ!とか言ってるから彼女がクリスマスまでに間に合わない、いつだって間に合わない 9 hours ago

[Linux][Fedora]X妙に重い

先日LivnaからnVidiaのグラフィックドライバが提供されたわけですが、これを適用してからと言うもの、XのCPU使用率がどうも10%程度喰ってるんですよね。以前はこれほど喰ってしまうことはなかったはず。
まぁCompizを有効にしてからさっそくScreenletsとAvant-Window-Navigatorを起動していますから多少負荷は掛かっているでしょうけれど、それらのプロセスはさしてCPUを喰ってないんですよね。今までどおりです。
まぁXのドライバがまだあまり洗練されていないからと言う考え方もできますが、Xが常時10%程度喰ってしまうと、CPUクロックがなかなか1000MHzに落ちてくれないんですね。
ダイナミックコントロールは有効にしているので、CPUがアイドル状態であれば1000MHzに落としてくれるんですが、そのボーダーが大体CPU使用率10%くらいみたいです。
そのため、Xがほぼ10%は喰ってるのでほとんどCPUはアクティブ状態。これから夏場に突入しますし、2000MHzで動かしたくはないんですけれどねぇ。
対応策の一つとしては、1000MHzに強制的に落とすか、ボーダーをもっと上げるかといったところ。あるいは3Dデスクトップを諦めるというのもありますが、それは味気ない(ぇ
まぁ普段それほどCPUリソースを必要とする作業なんてやってませんからね。常時1000MHzでも大して困りはしませんが・・・。夏場だけそうしておくのもありか。
あぁ、あるいはグラボを交換するという手もありますね。AMDのグラボだとプロプライエタリなドライバを適用しなくてもCompiz使えるみたいですし。パフォーマンスは落ちるようですが、効果を抑えたらなんとかなるんじゃなかろうか。
そのあたりもぼちぼち調べてみて検討しましょうかねぇ。そうなるとマザーボードもとっかえたくなるんですけどw
せっかくだからもう1台組んでしまおうかねぇ? ゲーム専用のWindows機とか作るのも面白そうだw

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。