[PC][Win]Windows7 えくすぺりえんすいんでっくす on KVM

そーいやWindows7入れてから全然触ってなかったなーと思い、今日触ってみることにしました。
ついでに、前はVirtualBoxにインストールしたので、KVM+Qemuに突っ込んでみることに。
初めてVirt-manager使いました。
Virt-manager、最初なぜか起動せず。エラーすら起こさずに落ちるもんだから何かと思ったら、libvirtdデーモンを起動してませんでした^^; 普段使ってないので切ってたようですね。
とりあえずそいつを有効にして無事Virt-manager起動。ずいぶんとKVMでの仮想化も簡単になったものです。
以前はCLIでカリカリと長ったらしいオプションを打たなくてはいけなかったものが、GUIであっけなく終了です。いつぞや、Kommanderでランチャを作ったのもいい思い出w
しかしKVM自体も進化したもんだ。まさかこうもあっけなくWindows7がインストールできようとは。うちの実機マシンでVistaインストールしたときの方がよっぽど苦労したぞw
インストールは40分くらい(これはVirtualBoxも同じくらいでした)で終わりました。解像度は1280×1024が限界みたいですね。これはKVMをVNC経由で実行しているからかな・・・? VNCではなくてSDLからーとかの方法が分からなかったので今回はスルー。まぁ、いざとなったらコマンドラインから実行すればいいさw
とりあえず、リボンインターフェースを採用したともっぱら話題のペイントとワードパッドと一緒に取ったSS。
Windows7BetaOnKVM.png
エクスペリエンスインデックスは当たり前のようにD3Dが1.0です。そらそーだ。他のスコアも軒並み低いですが、まぁよほどアプリを起動しまくらなければ普通に使えそうです。VirtualBoxよりちょっともっさりしている感じがしましたが、多分VNC経由だからでしょう。アプリの起動とかはキビキビしていたので。
ただ、こうして仮想環境を楽しむのはいいですが、メインマシンのメモリが不足してますwww
2GB積んでるのに不足してるっていう私の使い方が大問題なんですけどね、えぇ。常時メモリは98%程度埋まってます。スワップは512MBしか切ってませんから、ちょっと増やした方が良さげ。今回KVM起動してるときはスワップ合わせてほぼ100%使い切ってたからなぁ。途中何度かPlasmaが落ちましたw ちょくちょくPlasmaが落ちることはありましたが、メモリ不足が原因だったのかも。それならなんか納得いく。
ま、Plasmaが落ちたところで、勝手にすぐ再起動するので困りません。しなかったとしても手動で起動したら済みますし。このあたり、柔軟で好きです。
ふぅむ、仮想環境でのWindows7は十分実用に耐えてくれるなぁ。いっそのことVistaを上書きするか!?w

01月30日のココロ日記(BlogPet)

学校で先生に怒られてしまいました……今日は持つしかないです。

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

[3行日記]プログラムの顛末

まぁ、それもありでしょ。と自分を納得させた今日の3行日記!
・取り敢えず取りこぼしはなくなった。
・ただし、解決手段はスマートじゃない。ボーレートに依存しそう。
・とはいえ、あれ以外のシステムには使わないだろうからまぁいいでしょう。
簡単なドキュメントもつけておいた。あれを活用するならEclipseがいいけどなぁ。考慮しておこう。
さ、後は小遣い稼ぎだ(笑)

[3行日記]なかなかうまくいかないもんで。

一昨日に引き続きせこせこプログラミングを行っていた今日の3行日記!
・横着してシリアルポートとやりとりをする送受信バッファを1個でまかなっていたのがまずかった。多分1個でもできるはずだけど、きちんとアルゴリズムを練らなくては。とりあえず別々のバッファにすることで解決。
・大体動くようになったけど、間髪入れずに連続で命令を投げてしまうと後続の命令が送信されないことがあったり。命令送信に1秒ほど間隔を開けてやれば動くけれどそれはちょいと癪だ・・・。
・そもそも、実際にはクエリ系しか投げられない状態なのに状態確認クエリを投げて「全命令受付可能」って状態が返ってきてるのがおかしい。もうちょっとのところなんだけどなぁ。
とりあえず、間髪入れずに命令をいれなければ問題なく動きます。が、それは釈然としません。そもVBやC#でh(ry
ん〜、今日中に解決しなかったらもう諦めよう。これに時間を割いても仕方ないしね。
明日ドキュメント整理をしてひとまず区切りとします。

[プログラム][C++]RS-232Cを叩いてみる

やっぱフレームワークは偉大だなーと思い知る。
過去に業務で作成したツールをC#でコーディングしたため、メンテが私しかできないという問題と利便性の問題をクリアするため、同ツールのシリアル通信部分だけをC++でコーディングしてみることにしました。
まぁ、社内標準がC言語である中、思いっきりC#で組んでいる私が一方的に悪いので、せめてもの誠意は見せないとね(笑) まぁ、MATLABくらいチーム内での認知度が高ければもう少し違っていたのでしょうが・・・^^;
ま、MATLABも社内標準じゃないんだけどね(苦笑)
で、C++(Windows)でどないしたらRS-232Cを叩けるんかいなーと調べたんですが、多くの場合がMFCやらATLを使ってるんですね。で、個人的にアレがだいっ嫌いなんです。
というかあのフレームワークをさっぱり理解できなかったが故にWindowsでのGUIプログラミングを諦め、LinuxでQtに触れその洗練されたスタイルに惚れ込み、そして.NETで「MFCなんぞ2度と触りたくねぇ」と思い知った私。できることなら今回も触りたくはありません。つか、シリアル通信するだけで、GUIを構築しようとしてる訳じゃないんだからMFCなんてまっぴらごめんという訳です。
で、もうちょい調べていくとWin32APIで実現できるらしいことが分かりました。一応、VB6と.NET2.0(3.5)で通信プログラムは作成していたので、ある程度は分かるつもりでいたのですが、結構勝手が違って戸惑いました。
まず通信プロトコル(であってんのかな?)の設定。VB6や.NET2.0以上にはシリアル通信用のモジュールが用意されているため、そいつをインスタンス化して必要なプロパティを編集すればOKです。
Win32APIを叩く場合でもそれ自体は変わりませんが、そもシリアル通信を詳しくは理解できてないので、設定項目が多すぎて困りました・・・。いえ、確かにきちんと把握しておくべきなんでしょうけれど。
なんとかかんとか通信設定を終え、簡単な命令を送信。で、それが無事に動いたので、後は必要なコマンドをつらつらと実装していざテスト。
・・・、動かねぇ・・・Orz
どうも命令の送信か、あるいは受信に失敗している模様。通信方式は調歩同期式で、フロー制御はRTS/CTSと書いてあったので、ハンドシェイクだと思ったんですが、違ったんですかねぇ・・・? C#のプロパティでは確かにハンドシェイクのところにRTS制御を入れたはず。そしてそれで動いているので解釈としては間違ってないと思うのですが・・・。
また、命令がきちんと実行される場合とされない場合があるというのも厄介。再現性はあるけれどもまだ規則が見えてないんだよなぁ。そも、クエリーを投げても一切応答がないってのはどういうことよ?
可能性としては送信コマンドの内容が間違っている、かな。デリミタ文字が”\r\n”になってるので、コマンド文字列に対してstrcatでひっつけてるけど、この場合ちゃんとstrlenは”\r\n”を文字数としてカウントしてくれるんだろうか・・・? 確かしてくれるって言う風に記憶してるけど、これをきちんとカウントしてなかったら大問題だ。命令が解釈されないことになる。
クエリコマンドを投げても応答がないってことは、送信がうまく行ってない可能性と、受信がうまく行ってない可能性がある。送信後Sleepで1000ms待ってやると応答が返ってくることがあるので、受信側も怪しい。
非同期通信とはいえ、こちらからクエリを投げないと向こうからは応答は一切ないので、受信の際はバッファの中身を空っぽになるまでかっさらうという実装の仕方をしているつもりなんだけど・・・、なんか勘違いしてるのかな。
C#ではうまくいってるんだし、そっちの実装を確認してみるかなぁ。C#はかなり抽象化されてるからあんまりあてにはならんかも知れないが^^;
ん〜、うまく行けば今日中に片付きそうだったんだけどなぁ。長引かせてもしょうがないから明日には片付けよう。

[3行日記]源泉徴収が来た

年収ってこんなもんかーとひとしきり納得した今日の3行日記!
・思ったほどの額ではなかったが、逆に言えば来年度の税金は安くて済みそうだ
・だが年末調整では大して戻ってこないとも言う
・手取り総額の6割が手付かずに預金されているってどうよ?
まーほとんど残業しなかったからなぁ。総額としてはこんなもんでしょう。
あぁそうか、これ1月から12月だもんな。4月から働き始めたんだからそりゃ少なくて当然か。
ちなみに今日一緒に帰った先輩(2年上)の年収は私の約1.8倍でした。2年後私もそうありたいぜ・・・w
ただ、自分の貯蓄額にも軽く驚いたり。いやぁ、ほんっとなんも使った記憶がないもんなぁ。経済に貢献してなくてサーセンwww
けど最近通帳の残高が増えていくのが楽しくなってきたんだ・・・(ぁ

[日常]思わぬ罠

ちょっと前(2ヶ月くらい前かな?)、Velnirとのチャットがきっかけで、給料の口座を普通預金からパック商品に切り替えました。
そちらのパック商品にすると利率が変動制になるんですが、その代わりに諸々お得(?)なサービスが付随してきます。
詳しくはSMBCファーストパック : 三井住友銀行をご覧いただくとしまして、私は時間外のATMやらコンビニでの手数料が無料になるってことで申し込みました。
で、申し込んだらクレジットとキャッシュカードが1枚にまとまったカードが届きました。申し込むときにICチップ型にするか、生体認証型にするかって選択があったので、ICチップ型にしました。生体認証まではいらんだろうと。
ただ、銀行口座番号などは一切変更されませんので今まで使っていたカードも使えるのかどうなのか、疑問だったんですね。
そいじゃ試せば早いってことで会社のCD機で試したところ、あっさり使えました。逆にICチップが埋め込まれた今回送られてきたカードは使えませんでした。なんでも、社内CD機では使えないんだとか。
とはいえ、従来使っていたカードが使えるならそれでいいか(セキュリティ的には大変よろしくない)と思って使っていたのですが、先日使えなくなってました^^; システムの更新でもあったんですかね? 多分、古い方はあまり使うべきじゃなかったでしょうからそれ自体は仕方ありません。
で、会社内で卸せなくなってしまいましたので、昨日近所のみなと銀行にいってきたんですね。みなと銀行ってのは地銀で、三井住友系列です。なので三井住友のカードでやりとりをする場合は時間内なら手数料は掛かりません。
で、今はパック商品のおかげでATM時間外手数料が無料なはず。みなとは支店ではないけど大丈夫だろう、と思って卸したんですが・・・、ばっちり手数料取られてましたOrz
あれ?取られるの? これって三井住友の支店じゃなきゃ無効???
そう思いながら、仕方ないので今日リベンジ。今度はローソンのATM。今日は日曜日ですから、当然手数料が発生するはず。けどパック商品のおかげでコンビニATMの手数料も無料・・・!
結果はバッチリ! コンビニでは手数料取られませんでした。なんか変な感じ・・・^^;
とりあえず、コンビニならいつ卸しても手数料が発生しないということが分かっただけでも収穫ですかね。社内CD機が使えないのは残念ですが、そればっかりは仕方ありません。通勤路にコンビニは点在してるので困りませんし。
あ、古いキャッシュカードは裁断して捨てておかないと。同じ口座のカードを2枚持ってるとか危険過ぎるわな><