[Linux][Compiz]CubeModelでみっくみくにされてみた


ということで、Compizのプラグイン、CubeModelでもってデスクトップキューブ内にキオ式ミクを出現させてみましたー。
(ちなみにHD画質で再生もできます。コチラからドゾー)
が、それだけなんですOrz
3Dポリゴンを扱う術を全く知らないので、ほんと、これを実現するだけで数時間掛かっちゃってます・・・Orz 分かる人なら数分で終わるであろう作業なんですが^^;
しかも、ライティングの位置がおかしいらしく、真後ろから照らされてます。Blenderでレンダリングしたときには正面から光ってるんだけど・・・?
それともBlenderでの光源の位置は関係ないのかな? そんなわけないとは思うんだけど・・・。
一応、公開されているBlender向けキオ式ミクには微妙なアニメーションが設定されているので、それは再現できているみたいです。合ってるか不安なんですがw(微妙に首を横に向けてます)
とりあえず、これが表示できたということは、ネギを振るはちゅねミクも実現できるはず!!! と思っているのですが、光源の謎を解かない限り先には進めないような・・・w
あと、やってはないんですが、多分これ、複数のモデルを表示できるみたいです。同時かそれとも切り替えてかは分かりませんが。同時だと夢が広がりんぐなんですけどねぇ。
とりあえず、心やさしい3Dマスターが私に助言を与えてくれる、あるいはさっさとモデルを公開してくれちゃうことを期待しますw
音がないからニコ動には上げにくいんだよなぁ。つか動画が短すぎ? ネギ振りまでできたらニコ動でも受けそうなんだけどな。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。