• 管理者用

  • Twitter

    • RT @balzac_38: 東京駅から新幹線乗って名古屋行くじゃん? 101分掛かるじゃん? そのうちの60分がたぶん静岡 8 hours ago
    • 梅田へ帰ってきたー 8 hours ago
    • RT @Josuicp: 知りあいが自分のマンション前でたむろしている小学生を注意したら、その一ヶ月後、突然、警察がやってきて、暴行の疑いがあるのでと任意同行。拘束3時間で無実は証明されたという。子供が騒いでたり、通路を塞いでいても、直に注意せず、110番で通報してほしいと警察… 8 hours ago
    • RT @Library_Yasu: オタクの結婚式を外部カメラマン禁止の結婚式場で挙げたら、集まったオタク達が揃いも揃って「アマチュアです」と言い張って一桁Dを持ち込み、式場とトラブったって話本当に好き 8 hours ago
    • @katsuota 避けようないもんな(笑) 8 hours ago

[小説]今月の読書記録

今月はGWにVelnirから10冊ラノベを借りることが出来たのでホクホクだったわけですが、あったらむしろ読む速度が加速していくのね・・・。基本、電車でしか読まないのでGWとか長期の休みが入ると減るのが通例なんだけど、今月7冊とか・・・。普段の倍位の速度で読んでしまったOrz
とはいえ面白かったからさっさと読んでしまったというわけで。世界平和はいつも通り面白い。ぼくともは私には合いませんでしたハイ。なのでさっさと読んでしまった。それもでかかったんだろうなぁ。
今はサクラダリセット2巻を読んでる最中。これも実に面白い。今にも壊れそうなガラスのような、そんな危なげな美しさの光る作品というか。
で、それが終わったら戦う司書でも崩しつつ境界線上のホライゾンを攻めましょうかね。
あぁ本棚が溢れだした・・・!


5月の読書メーター
読んだ本の数:7冊
読んだページ数:2168ページ

世界平和は一家団欒のあとに〈9〉宇宙蛍 (電撃文庫)世界平和は一家団欒のあとに〈9〉宇宙蛍 (電撃文庫)
力を持つがゆえの孤独。これは7巻の「神」の話でもちらっと触れられてたね。そこでも実際、七美が「力で解決できることなんて知れてるんだ」と言っていたのを思い出した。どれだけご都合主義と言われようと、綺麗にまとめてくれるこのシリーズは大好きだ。
読了日:05月31日 著者:橋本 和也
僕は友達が少ない 2 (MF文庫J)僕は友達が少ない 2 (MF文庫J)
メインヒロインなのだろう夜空さえ居なけりゃなぁと思ってしまうあたり、私にはあっていないのかも。けれど隣人部を引っ張っているのは間違いなく夜空なんだよなぁ。彼女が居なければ何も進まないんだろうなという気はする。
読了日:05月27日 著者:平坂 読
世界平和は一家団欒のあとに〈8〉恋する休日 (電撃文庫)世界平和は一家団欒のあとに〈8〉恋する休日 (電撃文庫)
相変わらずの安心感。ただ、ちょっと最近回復役を当てにした無茶をし過ぎかなぁという気もする。ほんとに彼がその気だったら完全アウトだもんね。二人の距離の詰め方は見ていて心地いい。
読了日:05月25日 著者:橋本 和也
世界平和は一家団欒のあとに〈7〉ラナウェイキャット (電撃文庫)世界平和は一家団欒のあとに〈7〉ラナウェイキャット (電撃文庫)
今作も安定して面白かった。一点の曇もなく盲信するというのはたしかに難しいものね。ラストは意外だったけれど、すごくいい幕のおろし方だったように思う。
読了日:05月22日 著者:橋本 和也
僕は友達が少ない (MF文庫J)僕は友達が少ない (MF文庫J)
どう考えたって友達じゃねぇかっていうかなんとなく先の展開が読めてしまうよく言えばめちゃくちゃ王道なラノベかも。さくっと読めるから活字中毒になったときにはちょうどいいか。とりあえず小鳩に1票。
読了日:05月19日 著者:平坂 読
ハイスクールD×D5  冥界合宿のヘルキャット (富士見ファンタジア文庫)ハイスクールD×D5 冥界合宿のヘルキャット (富士見ファンタジア文庫)
んー、大事なところをエロにもっていってしまうあたりどうなんだろうと。まぁそれがこのシリーズのあるべき姿だし、それが気に入らないなら読むべきではないということか。シリアスの比率が若干高まりつつあるんだけど、そこに重きを置きたい人には向かないのかもしれないな。
読了日:05月17日 著者:石踏 一榮
ハイスクールD×D4  停止教室のヴァンパイア (富士見ファンタジア文庫)ハイスクールD×D4 停止教室のヴァンパイア (富士見ファンタジア文庫)
エロがないと面白いかもなぁと身も蓋もないことを主ってしまったw しっかしまぁ風呂敷広げたなぁ。ええんやろか。どう回収するのかがさっぱり見えてこないやねぇ。
読了日:05月12日 著者:石踏 一榮

読書メーター

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。